読売新聞、1874年の創刊から1989年までの記事を有料データベース公開

INTERNET Watch『読売新聞、創刊からの記事を閲覧できるオンラインデータベース』より

読売新聞社は17日、創刊時から現在までの読売新聞記事をWeb上で検索・閲覧できるオンラインデータベース「ヨミダス歴史館」を2009年初めに開始すると発表した。

読売新聞が、明治7(1874)年の創刊から昭和64(1989)年までの記事をオンラインデータベースした「ヨミダス歴史館」の公開を2009年の頭から開始するということです。

このサービスはもちろん有料で月額2万7300円から2万7800円。

個人だと辛い価格帯ですね。というか、法人向けです。


「ヨミダス歴史館」は、日経が提供している日経テレコン21の読売新聞版みたいなものでしょうか。

日経テレコンでさえ、月額8,400円ですからね。

それに比べると「ヨミダス歴史館」は高額です。

しかし、日経テレコンは証券会社に口座を持っていれば最近の記事は無料で見れますからね。(証券会社によっては有料)

僕もたまに日経テレコンを使いますが、記事の見出し表示で5円。記事を表示すると100円前後かかるので、ちょっとビビりながら使っています。

でも、新聞の過去記事は定性情報としては使えますからね。

1874年から1989年までの紙面イメージはAdobe Flash Player 9で表示が可能で、閲覧や印刷は可能だがダウンロードはできない。紙面イメージには見出しのほかに記事に含まれる人物名や時事用語などがメタデータとして設定されているため、過去の紙面イメージもオンラインで検索できる。

「ヨミダス歴史館」のインターフェースはFlashなんですね。

新聞広告費が落ち込む中、新聞各社は「ヨミダス歴史館」のように、過去の財産を有料で提供するというビジネスも必要なのかもしれません。

コンサルタントや調査会社に勤めている人には有益なサービスでしょうからね。

でも、ちょっと高すぎるような。。。

ヨミダス歴史館 : データベース : YOMIURI ONLINE(読売新聞)