Businessweek「Best Global Brands 2008」を発表、トップはコカコーラ

9月18日に発表されたので、1ヶ月前ですが、Businessweekが「Best Global Brands 2008」で100社のブランド力のある企業を発表しました。

どんな企業が顔を並べているのでしょうか?

取り急ぎ、以下、ランキングです。


1位:Coca-Cola

2位:IBM

3位:Microsoft

4位:GE

5位:Nokia

6位:Toyota

7位:Intel

8位:McDonald’s

9位:Disney

10位:Google

とりあえず、トップ10まで見てみますと、日本企業ではトヨタが入っています。

トップはコカコーラ。その他の会社も有名どころばかりです。

では続いて11位以下を。

11位:Mercedes-Benz

12位:Hewlett-Packard

13位:BMW

14位:Gillette

15位:American Express

16位:Louis Vuitton

17位:Cisco

18位:Marlboro

19位:Citi

20位:Honda

とりあえず、20位まで。

トヨタはメルセデスベンツやBMWよりもブランド力で上なんですね。

あらためて、トヨタってすごいと思ってしまいます。

Gillette(ジレット)はひげ剃りメーカーです。

なんか本でウォーレンバフェットがGilletteに投資していて、ヒゲは男性なら誰でも自然と伸びるから、そのことを考えるとぐっすり眠れると書いてありました。

つまり、ひげ剃りって不況だろうとなんだろうと必要とされているものなんですね。

そんな、ひげ剃りという日用品を販売しているGilletteは、ブランドではヴィトンより上なんですね。

さて、どんどん続きを見ていきましょう。

20位:Samsung

21位:H&M

22位:Oracle

23位:Apple

24位:Sony

25位:Pepsi

26位:HSBC

27位:Nescafé

28位:Nike

29位:UPS

30位:SAP

20位に韓国のサムスンが登場です。サムスンが転けたら韓国が転けると言われているくらい韓国の一大メーカーです。

オーストラリアでも、白物家電は日本のメーカーよりサムスンとかLGが強かったですね。2004〜2005年の話ですが。

23位にはアップル。もっと上かと思っていました。

そして、24位にはソニー。PS3がもっと売れていればもっと上位に入れたのではないでしょうか。ソニーって日本よりアメリカの方が「すごいメーカー」として見られている印象が僕はあります。前に勤めていた会社の社長がアメリカ人だったのですが、その人もそう言っていました。

31位:Dell
32位:Budweiser
33位:Merrill Lynch
34位:Ikea
35位:Canon
36位:JPMorgan
37位:Goldman Sachs
38位:Kellogg’s
39位:Nintendo
40位:UBS

31位以降は金融系が多いですね。

というのも、この「Best Global Brands 2008」は2008年6月30日までの1年間のブランド価値なんですね。

だから、今のようなサブプライムローンから発した金融危機がこれほどひどくなる前のデータなんですね。

おそらく、「Best Global Brands 2009」では、金融系の会社は大きく落ちるでしょうね。

そして、39位にやっと任天堂が入っています。

41位:Morgan Stanley

42位:Philips

43位:Thomson Reuters

44位:Gucci

45位:eBay

46位:Accenture

47位:Siemens

48位:Ford

49位:Harley-Davidson

50位:L’Oréal

と、50位まで見てきました。

続きは以下のページにて!

Best Global Brands – BusinessWeek