新しい任天堂DS「ニンテンドーDSi」が11/1に発売

先日「任天堂、年内にカメラ付きで音楽再生ができるDSの発売か?」という記事を書きましたが、任天堂のサイトのニュースリリースで「新型DS「ニンテンドーDSi(ディーエスアイ)」、11月1日発売」というプレスリリースで正式にカメラ付きDSが発表されました。

その名も「DSi」。

カメラが付いたから「eye」で「i」なんでしょうか?

DSiの外側


フタをひらくとこんな感じです。

DSiの内側

上の写真を見てもらえば分かると思いますが、カメラは本体外側と内側の2個ついています。

任天堂の「DSi」のホームページにある「ニンテンドーDSiとは」には次のような説明があります。

画面が大きく、本体が薄く、軽くなったのはもちろん、2つのカメラや、SDメモリーカードスロットを新たに搭載し、カメラで楽しみ日常生活を記録する「DSiカメラ」、音を触って楽しめる音楽プレイヤー「DSiサウンド」など、内蔵機能を大幅に充実させました。

本内内蔵ソフトは、「DSiショップ」を通じて提供されるインターネット閲覧のための「DSiブラウザー」のほか、今後登場する「ニンテンドーDSiウェア」を本体保存メモリにダウンロードして拡張することができます。

「音を触って楽しめる」ってどういうことなんでしょう?気になります。

以下、「ニンテンドーDSi」の特徴をザクッとまとめます。

・2008年11月1日発売。海外では2009年に発売予定。

・価格は18.900円。

・「ニンテンドーDS Lite」とほぼ同じ本体サイズだが厚さが2.6mm薄くなった。

・液晶画面は3.0インチから3.25インチへ拡大。

・カメラは30万画素。

・SDメモリーカードスロット搭載。

・「ニンテンドーDSiショップ」サイトで無償提供される「ニンテンドーDSiブラウザー」を本体保存メモリにダウンロードすればWi-Fi通信環境下でインターネット閲覧が可能。

・「ニンテンドーDSiウェア」(ゲームソフトだけでなく電卓等の実用アプリケーションも予定)を有償ダウンロードすることで、本体機能の拡張も可能。

楽天では早くも予約販売しているショップもありますね。

楽天でニンテンドーDSiを探す

AmazonでニンテンドーDSiを探す

追伸

ちょっとメモ。

「できるだけ競合しない」という戦略

重要なのは「できるだけ競合しない」という点だ。DSiはどう見ても、他社製品と競合しないように注意しながら値段とのバランスを取りつつハードのスペックが決定されているように思える。

30万画素の2台の内蔵カメラ「ニンテンドーDSiカメラ」は、今や200万画素以上が当たり前になった携帯電話のカメラに比べると話にならないぐらい性能が低い。動画の撮影機能もない。30万画素カメラは3年前ですら1つ400円程度の原価であり、相当安いものを使っていることがわかる。

岩田社長はこのカメラを「子供たちにとっては、生まれて初めて所有するカメラに」と述べた。また、「女子高生には、交友生活を記録する写真手帳に」と語った。なるほどと思った。多くの小学生もカメラを持ってみたいだろうが、自由に使わせる親は少ない。女子高生にとっては、すでに携帯電話のカメラがあるだろうが、簡易プリクラとしては十分使える。つまりDSiのカメラはメーン機として使われることを想定していないと考えられる。