2008年「Dynamite!!(ダイナマイト)」の対戦カード

格闘技好きなら、年末は紅白でもなく、クラブでのカウントダウンイベントでもなく、「Dynamite!!(ダイナマイト)」です。

12月31日(水)、TBS(6ch)で19:00〜23:24でテレビ放送されます。

とりあえず、どんな対戦カードがあるのか確認しておきたいと思います。


桜庭和志 vs 田村潔司(DREAMルール)

おそらく、このカードが一番のメインでしょう。

かつての先輩(田村潔司)と後輩(桜庭和志)です。

といっても、タメなんですよね。ふたりとも39歳。しかも、桜庭選手の方が誕生日は早かったりします。

すでに、格闘技雑誌では桜庭選手が田村選手にいちゃもんつけるよな発言をしているので、面白くなっています。

僕が先日読んだ格闘技雑誌では、桜庭和志は田村潔司のことを「昔のプロレスラーみたいな印象」と言っていました。

田村潔司は桜庭戦を前にして、「普通」「いつもと変わらない」と言っています。

二人がリンクに上がった時点から注目したいと思います。

ヨアキム・ハンセン vs J.Z.カルバン(DREAMルール)

DREAM初代ライト級王者のヨアキム・ハンセンとHERO’Sのミドル級王者に2度なったJ.Z.カルバンの試合です。

DREAMルールですが、お互い打撃が得意なので、ガチガチの殴り合いになるかもしれません。

豪華なカードです。

武蔵 vs ゲガール・ムサシ(K-1ルール)

漢字の武蔵とカタカナのムサシの対戦です。

勢い的には、カタカナのムサシでしょう。

ただ、K-1ルールなので、ゲガール・ムサシは得意のグラウンド(寝技)に持ち込めません。

武田幸三 vs 川尻達也(K-1ルール)

この対戦も面白いというか意外な組み合わせですね。

K-1ルールというところがミソですね。

川尻達也選手は総合の選手なので、寝技が使えないとなると、ケリとパンチのみ。

それでも、「クラッシャー」と呼ばれるほどのパンチ力を持っています。

相手はキックボクシングでムエタイの世界王者にもなった武田幸三。

ローキックで主導権を取ることがポイントになるように思います。

青木真也 vs エディ・アルバレス(DREAMルール)

この対戦は、ある意味、前回のDREAMのライト級グランプリ決勝戦ですね。

エディ・アルバレス選手はケガで決勝戦に進めませんでした。

そして、さきほどのヨアキム・ハンセンが決勝に進出して、青木真也選手に勝ちました。

でも、エディ・アルバレスはヨアキム・ハンセンに勝っているんですよね。

打撃(エディ・アルバレス)vs 寝技(青木真也)の戦いですね。

ジェロム・レ・バンナ vs マーク・ハント(DREAMルール)

この二人ならK-1ルールになりそうなものですが、なんと寝技ありのDREAMルールです。

でも、この二人ならバチバチの殴り合いになりそうな気もしますが。

ただ、DREAMルールだと、すでにPRIDEで吉田秀彦とヒョードルと対戦しているマーク・ハントが有利なのかな?両方とも負けちゃったけど、ヒョードルとは中盤までグラウンドでは互角に戦っていましたからね。

最近のジェロム・レ・バンナは、全盛期のパワーを感じられませんし。

セーム・シュルト vs マイティ・モー(DREAMルール)

セーム・シュルトは今年のK-1ワールドグランプリ出場は逃しましたが、それでもやっぱり強いですよ。

でも、試合が面白くないんですよね。。

佐藤嘉洋 vs ルトゥール・キシェンコ(K-1ルール)

今年のK-1 MAXで魔裟斗と名勝負をした佐藤嘉洋がキシェンコと戦います。

この二人、仲良いんですよね。

この試合が終わったら、後日、一緒に飲みに行くと佐藤嘉洋選手はどこかのニュースサイトで言っていました。

所 英男 vs 中村大介(DREAMルール)

僕、所 英男選手にはジムの更衣室で会ったことがあるんですよね。

テレビで見るのと違って、すごいゴツくてびっくりしました。

格闘家の中に入ると、それほどゴツい印象はありませんが、実物見ると、「やっぱり格闘家は僕とは別の人種だな」と思ってしまいました。

ただ、この試合でまた負けてしまうと、今後が危ういかもしれません。。一時期の勢いがないですからね。

ミルコ・クロコップ vs チェ・ホンマン(DREAMルール)

この対戦も意外性のあるカードです。

全盛期のミルコなら、「ミルコ完全有利」という感じでしょうが、今のミルコならどうなるか分かりませんね。

でも、チェ・ホンマンも兵役後は勝ってないですからね。

ボブ・サップ vs キン肉万太郎(DREAMルール)

キン肉万太郎ってマンガのキン肉マンです。

キン肉マンのマスクをかぶって出場するんですよね。中身は誰なんだろう?

それにしても、このカードは完全にアニメの世界のような気がします。。

桜井“マッハ”速人 vs 柴田勝頼(DREAMルール)

柴田勝頼選手は先日の試合で秋山選手に完敗していますからね。

プロレスと総合格闘技って別物ですよね。

でも、ルックスはかっこいいので、結果を出せば所 英男選手のように女性に人気が出そうです。

坂口征夫 vs アンディ・オロゴン(DREAMルール)

坂口征夫は俳優の坂口憲二の兄です。

つまり、プロレスラーの父・坂口征二の息子なんですね。

クールなタトゥーと金髪が印象的です。

アンディ・オロゴンは外国人タレントのボビー・オロゴンの弟です。

バダ・ハリ vs アリスター・オーフレイ(K-1ルール)

バダ・ハリは先日のK-1 WORLD GPでキレちゃって、反則負けしてしまいました。

谷川貞治さんに「正々堂々と戦えることを証明させてくれ」と出場を直訴したそうです。

ただ、アリスター・オーフレイは強いですよ。

ミルコ戦はもう一度やって欲しいです。

ミノワマン vs エロール・ジマーマン(DREAMルール)

エロール・ジマーマンは先日のK-1 WORLD GPで強さを証明しました。

今回はDREAMルールなのでどうなんでしょう?

あとは、K-1甲子園ですね。

HIROYA vs 嶋田翔太

卜部功也 vs 日下部竜也