石井慧(いしいさとし)がアメリカUFC参戦を決意

Yahoo!ニュース『石井UFC参戦決意!日本より世界一団体』より

プロ総合格闘家に転向した北京五輪柔道100キロ超級金メダリスト石井慧(21=国士舘大4年)が、世界最大の米総合格闘技団体UFC参戦を決意したことが16日、明らかになった。

今年10月に「石井慧(いしいさとし)が総合格闘技「DREAM」入り、大みそか「Dynamite!!」に」という記事を書いたのですが、石井慧は日本のDREAMではなくアメリカのUFCに総合格闘家として参戦することにしたんですね。


野球でいったら、大学卒業後、日本のプロではなく、いきなりメジャーという感じでしょう。

石井慧自身も「確かに日本で何試合かこなして…とも思ったけど、自分が持っている(五輪金メダリストという)肩書は、電車でいえば特急切符。なのに鈍行で行くのもどうかと思って」と言っています。

時間がたてばたつほど、北京オリンピック金メダリストとしての価値も下がってしまうでしょうからね。

来年3月にも渡米してUFCファイターが多数在籍するジムでトレーニングを積む予定で、早ければ来夏の団体デビューを目指す。

楽しみですねー。日本でもテレビ放送してほしいな。

でも、UFCって総合格闘技で実績に乏しい選手はなかなかリングに上がれないそうです。

なので、UFCのマイナー団体であるWECで下積みしてからUFCのリングを目指すことになるかもしれないそうです。

UFCは日本でも禁止されている肘打ちもOKなので、かなりハードな道を選んだなぁーという印象です。

来年の大晦日には、日本のダイナマイトに出場して欲しいですが。