スーパーボウルのCMで放送禁止されたベジタリアン向けのセクシーコマーシャル

PETAがスーパーボウルのCM向けに作ったコマーシャルが、セクシーすぎるという理由で放送却下になりました。

スーパーボウル(アメリカンフットボールの最高の大会)のCMといえば、30秒で300万ドル(1ドル100円計算で3億円)というアメリカで最も高額なCM枠で、広告業界からしてみるとお祭りのようなものです。

放送禁止されたCMはこれです。

Veggie Love

野菜とのセックスをイメージしてしまうような、かなりきわどい描写のCMですね。

PETAとはWikipediaによると「People for the Ethical Treatment of Animals」の略で、日本語だと「動物の倫理的扱いを求める人々の会」と呼ばれている世界最大規模の動物の権利を守る擁護団体です。

ミュージシャンのポール・マッカートニーやピンクはPETAの支援者だとか。


俗に言う、動物愛護団体ですね。

なぜ、動物愛護団体がベジタリアンのテレビコマーシャルを流すのかというと、肉を食べないで野菜を食べれば、動物が殺されないで済むからでしょう。

PETA.orgでは、「スーパーボウルに却下された広告」というページを作って、動画を観れるようになっています。
‘Veggie Love’: PETA’s Banned Super Bowl Ad

PETAのブログの「NBC’s Sexually-Explicit Super Bowl Ad Rejection Makes Us Blush」という記事で、今回の広告が却下された理由が書かれています。

放送禁止理由は次の8つです。

・カボチャを舐めているから

・ブロッコリーを食べている間、胸を触っているから

・両足の間からカボチャが見えるから

・カボチャで骨盤をこすっているから

・ブロッコリーと性交しているように見えるから

・ヒザの上のアスパラガスが、まるで女性器に入っていくように見えるから

・ナスを舐めているから

・アスパラガスで胸をすっているから

こちらのPDFでは、NBCから届いた放送禁止理由のメールを見ることができます。

以下、その内容です。

Sent via e-mail

The PETA spot submitted to Advertising Standards depicts a level of sexuality exceeding
our standards. Listed below are the edits that need to be made. Before finalizing the
spot, we would like to view a Quicktime file as well as a DVD with high resolution.

:12- :13- licking pumpkin

:13- :14- touching her breast with her hand while eating broccoli

:19- pumpkin from behind between legs

:21- rubbing pelvic region with pumpkin

:22- screwing herself with broccoli (fuzzy)

:23- asparagus on her lap appearing as if it is ready to be inserted into vagina

:26- licking eggplant

:26- rubbing asparagus on breast

Victoria Morgan
Vice President, Advertising Standards
NBC Universal

フットボール選手になることを夢見る子供と一緒に、家族でこのCMを見ることを考えると、NBCが放送禁止したのも分からないではないですね。