The T-Mobile Dance、350人が急に駅で踊り出す広告キャンペーン

イギリスの携帯通信会社「T-Mobile」が広告キャンペーンとして面白い動画を公開しています。

まずは、こちらはティーザー広告です。なんとも、ディーザーらしい大げさな演出です。

The T-Mobile Dance – A Teaser

このキャンペーンは、今年1月15日(木)の午前11時に350人の人がロンドンのリバプールストリート駅に集まって、急に踊り出すというT-Mobileの新しい広告キャンペーンだそうです。


大きな駅のラッシュアワーということでプランニングに8週間かけ、8つの有名な音楽を使い、10個のカメラを駅構内に隠して撮影したそうです。

オーディションには1万人が参加し、その中から400人を選びました。

そして、これがリハーサル風景を撮影した動画。

T-Mobile Dance Rehearsal

そして、とうとう本番です。

The T-Mobile Dance

偶然通りかかった人は、「いったい何が起こっているんだ!?」というような顔をしています。

なんだか、最近、こういう公共の場をジャックするような動画が多いですね。

広告キャンペーンではないですが、ニューヨークではグランドセントラル駅で人がフリーズする動画を撮影していました。

そのうち、日本でも新宿駅をジャックするような広告キャンペーンをやりだす企業が現れるかもしれませんね。

T-Mobile Life’s for sharing – London’s Liverpool Street Station Dance

YouTube: T-Mobile Life’s for Sharing