イチロー、張本勲の日本最多安打記録3085本に満塁ホームラン(動画あり)で並ぶ

胃潰瘍で故障者リスト(Disabled List)に入っていたイチローが今日から先発しました。

注目されていたのは、今日の試合で2本のヒットを打てば、張本勲さんの持つ日本最多安打記録3085本に並ぶということです。

スタジアムには張本勲さんも日本から見に来ていました。

そして、張本勲さんの目の前で第2打席にセンター前ヒット、第5打席にライトスタンドの入る満塁ホームランであっけなく日本最多安打記録の3085本に並んでしまいました。

さすが、記録と共に歩むイチローです。

YouTube(ユーチューブ)にさっそく満塁ホームランの動画がアップされていました。


イチロー 最多安打記録に並ぶ 通算3,085安打

WBCではフライが上がらなかったイチローでしたが、今日はライトフライとホームランとフライが上がっていました。

今日のイチローの全打席の内容は次のようになっています。

第1打席:ショートライナー
第2打席:センター前ヒット(2塁に盗塁)
第3打席:ライトフライ
第4打席:セカンドゴロ(併殺打)
第5打席:ライトスタンドへ満塁ホームラン(打点4)

という訳で、5打数2安打、盗塁1、ホームライン1、打点4という好スタートです。

動画ではイチローが背番号42をつけていますが、これは、今日が黒人初の大リーガー、ジャッキー・ロビンソンのデビュー記念日だったからです。

ジャッキー・ロビンソンがつけていた背番号42は全球団の永久欠番です。

イチローだけでなく、全選手が今日は42番をつけています。

Yahoo!ニュース『イチロー「バットに当てるのに必死でした」』には、イチローの試合後のインタビューがあります。

−−(タイ記録が満塁本塁打は)何か持ってますね

 「それは、ぼくが言うことですねぇ。張本さんにも来ていただいて、その前で並べたのは気持ちよかったです」

 −−開幕前には胃潰瘍もありました

 「DLに入っていた期間はどうしょうもないので、気持ちの整理をするしかない。ぼくの開幕は今日ですから、緊張状態だったです。他の選手はもう8試合していて、その空気になじめるかが課題でした」

 −−3085本にあと1本、しかも満塁でフルカウント

 「必死ですよ。必死でした、バットに当てるのに」

 −−(憧れの)グリフィーとのアベックホームランでしたね

 「守備につくときに、後でそうだなあと思いました」

 −−これで、チームは6連勝中になりました

 「そこを一番気にしていたんですよ」

また、日刊スポーツには開幕から8試合出れなかったことに対するインタビューもありました。

開幕から8試合を経過しての復帰になる。メジャー史上初の9年連続200安打達成にはいきなりのハンディとなるが、イチローのとらえ方は違う。

「僕が日本でやってきたことの強みっていうのが出ると思いますね。130試合の中で僕はやってきているので130プラス24という計算が僕にはできる。162マイナス8っていうふうにはとらえない僕がいるんで。まだエクストラ(余分)であるっていう感覚を常に持ってますね」。

 オリックス時代の94年に日本球界初となるシーズン200安打を122試合目に達成。この時、年間の試合数は130試合だった。単純にメジャーの年間試合数162だけを見れば失った8試合は決して小さくない。だが、130試合で成し遂げたあの時の経験は必ず生かせる。

サンスポには張本勲のインタビューが掲載されています。

「大あっぱれですよ」

「あっさりやってくれたね。病気上がりで時間がかかると思ったが、さすが。よもや満塁ホームランとは思わなかったけどね」

「あまりプレッシャーをかけるなと言われたが、いとも簡単にやってくれたから、うれしいやら、びっくりしているやら」

「あしたは新記録は間違いないでしょう」

まだまだ、はじまったばかりですが、マリナーズは現在ア・リーグ西地区の首位です。

今年はワールドシリーズにイチロー率いるマリナーズが出て欲しいなぁー。