日本のインターネット人口が9000万人超え、総人口普及率では75%超え

読売新聞『ネット利用者9000万人超…ブロードバンド利用73%』より

日本のインターネット利用者数(推計値)が初めて9000万人を超え、4人に3人まで普及が進んでいることが4日、総務省が今年1月に実施した通信利用動向調査(2008年末時点が調査対象)でわかった。

総務省によると、2008年のインターネット利用者数(6歳以上)は、9091万人となり、前年比で280万人増になったということです。

このインターネット利用者数は、6歳以上の日本人総人口では75.3%と4人中3人まで普及が進んだということになります。


各媒体別の利用者数は下記の通りです。

・パソコン:8255万人

・携帯電話:7506万人

・ゲーム機やテレビ:567万人

ちなみに、自宅でパソコンから利用している世帯でのブロードバンド普及率は73.4%、ブロードバンド回線利用者のうち、光回線を使用している人は53.1%ということ。

ただ、日本のネットの利用者数は07年末時点で、米国、中国に次いで3位。08年末時点の各国の最新の統計は出そろっていないが、総務省によると日本は3位か4位程度で、ネットの普及率は10位前後とみられる。

当ブログでは、過去にインターネット人口についていくつか記事を書いています。

2006年11月17日
世界の携帯利用者21億人、インターネット利用者10億人に

2007年05月18日
中国のネット利用者1億4400万人に、ブロードバンド利用者は9700万人

2008年03月16日
インターネット利用者で中国がアメリカを抜いて1位か?

今回の総務省の調査は、20歳以上の世帯主がいる全国4515世帯からの回答と、国勢調査などを基に利用者数と普及率を推計したということです。

総務省:平成20年「通信利用動向調査」の結果(2009年4月7月)