NTTデータのブログサービス「Doblog(ドブログ)」が2009年5月30日でサービス終了

4月24日、株式会社NTTデータのブログサービス「Doblog(ドブログ)」が2009年5月30日(土)にサービスを終了するというアナウンスをしました。

現在、「Doblog(ドブログ)」のトップページは以下のように「サービス終了のお知らせ」ページになっています。

090427_1.gif

「Doblog(ドブログ)」を使っていたユーザーはどんな気持ちなんだろう?


ちなみに、以前のトップページはこんな感じです。

090427_2.gif

NTTデータは「Doblogのサービス終了のお知らせ」というアナウンスページで次のように終了の理由を述べています。

Doblogは、2009年2月8日(日)午前10時頃よりハードディスク故障のためにサービスが停止いたしました(故障の詳細:別紙1参照)。
 故障発生以降、情報(記事データ、画像データなど)の復旧と、復旧した情報をダウンロードできる環境の構築作業を実施してまいりました(復旧作業経緯:別紙2参照)。

 一連の復旧作業により、故障発生の前日である2月7日未明時点のバックアップデータが復旧いたしました。2月7日未明以降のバックアップデータは存在していないため、復旧作業を終了いたしました。
 試算では99%以上の情報は復旧できたものと考えておりますが、全ての情報の復旧には至りませんでした。
 復旧させることができなかった情報を投稿されたユーザーの皆様、長きに渡るサービス停止によりご利用いただけなかったユーザーの皆様にご迷惑をおかけいたしましたこと、深くお詫び申し上げます。

「Doblog(ドブログ)」は今年2月8日にハードディスクが故障して、データがふっとんでしまったんですね。

でも、そのデータの99%以上の情報は復旧できたと言っています。

復旧できたのだから、今まで迷惑をかけた分、今後も運営をがんばっていくと思いきや、次のような理由でブログサービスを終了するということです。

復旧作業の終了を受け、今後のDoblogについて検討した結果、Doblog開設時の目的である、ブログシステムを構築するための技術的知見、およびコミュニティサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたものと考え、サービスを終了するという判断をいたしました。

ひっ、ひどすぎる、この理由。。。

「ブログシステムを構築するための技術的知見、およびコミュニティサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたものと考え、サービスを終了」って自分勝手すぎませんか?

あまりにも、今まで使ってくれていたユーザーを軽んじているとしか思えません。。

現在では、書き込み・閲覧などはできるそうですが、それは他の会社が運営しているブログにデータを移行するための期間ということです。

もちろん、データの移行はユーザーがします。

100以上も記事があるユーザーにとってはすごい作業です。

仮に「Doblog(ドブログ)」のデータを一括書き出しして、それを移行先のブログサービスで一括読み込みができたとしても、ドメインが変わるということは、今まで得た被リンクはすべて失われるということです。

つまり、それはSEO的な損失が発生するわけで、検索エンジンでは今までのように上がってこなくなるということです。

無料ブログサービスはNTTデータの「Doblog(ドブログ)」に関わらず、消えていくものも過去にありました。

でも、それは、よく分からない弱小会社が運営しているものが多かったです。

でも、今回は天下のNTTグループのNTTデータが運営しているブログサービスです。

「ブログシステムを構築するための技術的知見、およびコミュニティサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたものと考え、サービスを終了」という理由で簡単に辞めるのはどうかと思うのは僕だけではないでしょう。

確かに、無料サービスはいつサービス終了してもしょうがないというリスクがあります。

米ヤフーのGeoCitiesも今年末に終了するというアナウンスが先日ありました。

Yahoo! GeoCities Help: GeoCities will close later this year.

We have decided to discontinue the process of allowing new customers to sign up for GeoCities accounts as we focus on helping our customers explore and build new relationships online in other ways. We will be closing GeoCities later this year.

まぁ、米ヤフーは人員削減するほどの状態なので、儲からない事業は撤退するという選択だと思いますが、NTTデータは儲かっているでしょう。

これだから、無料のサービスは怖いんですよね。

無料ブログを使えば、自分でMTやWordPressといったブログシステムをインストールしなくても、メール感覚で自分のブログを持つことができますが、そのサービス提供先が「もう終了するよ」と言ってしまえば、今まで築き上げたものがパァーになってしまいます。

今後、NTTデータのような大企業だとしても、新たなクラウドサービスを提供しても怖くて使えないという印象を今回の「Doblog(ドブログ)」終了で感じてしまいました。

もっとユーザーのことを考えてサービスしていかないと、企業イメージが崩壊するだけですよ。

ブログサービスって、継続すること自体に価値があるサービスですからね。

継続できなくなるときは、会社が潰れる時くらいの気持ちでやってほしいものです。

追伸(2009年4月28日)

「はてな」と「ライブドア」が「Doblog(ドブログ)」からのブログ移行するサービスを開始したようですね。

はてな:Doblogからのブログ引っ越しサポートについて

ライブドア:Doblogブロガー向けブログ移行支援プログラムのお知らせ

僕はどちらも使ったことがありますが、「はてなダイアリー」はインターフェースが直感的に分かりづらいと感じました。

でも、エンジニアやプログラマーといった技術系の人には人気のブログサービスです。

一方、ライブドアブログはインターフェースが直感的に分かりやすくカスタマイズ性も高いので、技術的なことに詳しくない一般ユーザーはライブドアの方がいいと思います。

「はてな」にしろ「ライブドア」にしろ、ブログは会社の基幹事業の1つです。

NTTデータのような中途半端な運営はせず、ブログがなくなる時は会社がなくなる時くらいの気持ちでやってくれる会社だと思います。

ただ、無料ということは、いつでも運営側の意思で辞められるということです。

ある意味、一番リスキーな選択という見方もできます。

そういったことを避けたい人は、「ムームードメイン」などの格安でオリジナルドメインを取得できるサイトで自分のドメインを取得して、ブログを運営することをオススメします。

ウェブサイトのアドレスが強制的に変わるということは、自分の意思ではなく強制的に別の場所に引っ越さなければならいのと同じことですからね。