新聞社ニュースサイトのアクセスランキング、Yahoo!ニュースから流入が影響

インターネット視聴率情報などでおなじみの調査会社「ネットレイティングス株式会社」が2月24日に新聞社ニュースサイトの利用者数を発表しました。

データは2009年1月のもの。「家庭のみ」「家庭・職場」「職場のみ」の合計のアクセス数です。

結果は以下のようになっています。

主な新聞社ニュースサイト利用者数

1位:毎日jp(毎日新聞):947万3000人

2位:イザ!(産経新聞):742万5000人

3位:YOMIURI ONLINE(読売新聞):608万9000人

4位:NIKKEI NET(日本経済新聞):572万9000人

5位:asahi.com(朝日新聞):545万6000人

※MSN産経ニュースはポータルサイト内のコンテンツとして運営されているため本比較においては除外

チャートにしてビジュアル化して見てみましょう。


新聞社ニュースサイト利用者数

チャートの右側に赤字で「←Yahoo!ニュース」とありますが、これはYahoo!ニュースにニュース記事を提供しているということです。

つまり、Yahoo!ニュースにニュース記事を提供して、Yahoo!ニュースからトラフィックを流入しているということです。

Yahoo!ニュースと提携している新聞社ニュースサイトが上位3位ということで、やはりヤフーの影響力の強さが伺えます。

ちなみに、「毎日jp」は全トラフィックの5割前後、「イザ!」は全トラフィックの9割前後がYahoo!ニュースからの流入ということです。

「イザ!」はほとんどがYahoo!ニュース経由なんですね。それでも、日経・朝日よりアクセス数が多いです。

しかし、1人当たりのページビューだと、逆の結果になるようです。

1人当たりのページビュー

1位:NIKKEI NET(日本経済新聞)

2位:asahi.com(朝日新聞)

3位:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

この結果を見ると、Yahoo!ニュース経由でアクセスしたユーザーはそのニュースだけ、一方、Yahoo!ニュースと提携していない「NIKKEI NET」や「asahi.com」はRSSに登録されたりといった固定ユーザーが多いということが伺えます。

ネットレイティングスは次のように結んでいます。

「約2700万人が利用しているYahoo!ニュースは、記事を提供する主要ニュースサイトへのトラフィックの供給源にもなっています。一方、Yahoo!ニュースに依存しない日経、朝日は、ひとりあたりの訪問回数やページビューなどが高く、ロイヤリティの高い読者を確保しています。新聞社サイトの利用特性は、各社の戦略を反映したものになっているようです。」

Yahoo!ニュースは提携している各新聞社サイトへのトラフィック供給源。

そして、Yahoo!ニュースと提携していない新聞社サイトはロイヤリティの高いユーザーを確保しているんですね。

ネットレイティングス株式会社: ポータル誘導で利用者の多い毎日・産経、ロイヤリティの高い日経・朝日・読売

それにしても、Yahoo!ニュースってすごいですね。

MSN産経ニュースには、次のようなニュースがありました。

【ヤフーニュースの舞台裏】(上)日本を動かす「トピックス」

新聞各紙が生き残りをかけてニュースサイトの充実にしのぎを削る中、ヤフーによれば、ヤフーニュースは月間37億6000万アクセスとけた違い。各新聞社系サイトの10倍に上る。紙媒体に換算すると、1分間で約8万7000ページがめくられていることになるという。

1分間で約8万7000ページって、想像を絶する世界です。。

ちなにみ、ヤフー!ジャパン自体は1日平均19億のアクセス数があるそうです。こちらも、すごいですね。。

トピックス編集部は自ら取材はしない。代わりに新聞社や通信社、テレビ局など約150媒体と契約し、記事の配信を受ける。その数、1日約3500本。これら膨大な記事から世の中の関心を呼びそうなニュースを1日に50~60本選び出し、理解を深める関連サイトを紹介するリンクを張り、見出しをつけてトップページへ掲載する。

1日3500本もニュース記事を配信しているんですね。

見出しの文字数は全角相当で13文字までと決まっている。人間工学の観点から、人間がひと目で認識できる文字数の限界とされている。

人間がひと目で認識できる文字数って全角13文字だったんだ。

あいうえおかきくけこさしす

↑これで全角13文字です。確かに、ひと目で認識できます。