ドコモ「HT-03A」、グーグルAndroid(アンドロイド)搭載スマートフォン発表

昨日、「ドコモからAndroid(アンドロイド)を搭載したスマートフォン「HTC Magic」発売予定」という記事を書きましたが、本日、ドコモから日本初のグーグルAndroid(アンドロイド)を搭載したスマートフォン「HT-03A」の詳細が発表されました。

HT-03A

ドコモのサイトには「ケータイするGoogle」というコピーがあります。

国内初の「Google Android OS搭載モデル」として注目が集まる「HT-03A」ですが、どんな機能を搭載しているのでしょうか?


とりあえず、ザッとスマートフォン「HT-03A」の特徴を羅列します。

◆ドコモ「HT-03A」の特徴

・2009年6月〜7月発売予定

・高さ 約113mm×幅 約56mm×厚さ 約14.0mm

・重量 約123グラム

・連続待受時間 約140時間

・連続通話時間 約240分

・ディスプレイ解像度 320ドット×480ドット

・カメラ解像度 約320万画素

・Google検索、Googleマップ、Gmail、YouTubeといったグーグルサービスが使える。

・Gmailを自動で受信

・Picasaへの画像アップロード、YouTubeへのビデオ共有も可能。

・地磁気センサー搭載。自分の向いている向きに合わせて上下左右360度映像が表示される新感覚Googleマップの「ストリートビュー」が利用可。

・Androidマーケットから様々なアプリケーションをダウンロード。

・インターネットブラウジングを快適にするフルタッチパネル&トラックボールを搭載。

・無線LAN(802.11b/g)対応

・Bluetooth対応

ドコモのサイトには「ケータイするGoogle(TM)って?」という「日本初Android搭載ケータイHT-03AをFlashで案内する」スペシャルコンテンツがあります。

でも、このスペシャルコンテンツサイトはがんばって作ったのは分かるのですが、非常に使いづらいFlashサイトになっています。

今後、日本でもAndroid搭載ケータイが続々と発売されると思いますが、iPhoneのようにゲームなどのアプリがいかに充実するかがポイントになると思います。

これからの携帯電話は単なる通信機械ではなく、エンターテイメントツールや学習ツールとしての役割が大きくなることは確実なので。

そのためには、エンジニアがAndroid向けのアプリを作る動機が必要ですね。

NTTドコモ:docomo PRO series HT-03A

NTTドコモ:2009年夏モデルに18機種を開発および一部機種を発売