米Amazon「Kindle DX」の発売は6月10日に、カラー版は数年後、グーグルも電子書籍販売に参入

5月6日に発表されたAmazonの大画面電子ブックリーダー「Kindle DX」の発売日が6月10日に決定しました。

Kindle DX

「Kindle DX」は従来の「Kindle」に比べ、画面サイズが2.5倍の9.7インチと大型で価格は489ドル。

教科書や新聞を読むことに重点を置いた電子ブックリーダーです。


当サイトでも過去に「Kindle」ついての記事を書いています。

アマゾン、電子ブックリーダ「Kindle」を発表(2007年11月21日)

Amazon、電子ブックリーダー「Kindle 2」を発表(2009年02月10日)

また、現在、グレースケール表示の「Kindle」ですが、将来的にはカラー版も出るという話も出ています。

米AmazonのCEOジェフ・ベゾスは、カラー版のKindleの発売について「何年後になるか分からないが、数年後には発売になるだろう」と株主総会で語っています。

ジェフ・ベゾス自身は研究所でカラー版Kindleのディスプレイをすでに目にしているそうです。

まぁ、白黒からカラー、低解像度から高解像度という流れは自然といえば自然ですよね。

また、グーグルがeBook(電子書籍)販売に2009年末までに参入するということです。

ニューヨークで行われた「BookExpo」でグーグルがアナウンスしました。

アメリカでは電子書籍市場はKindleを販売したAmazonが主流を握り始めていますが、グーグルは黙ってそれを見ていないようですね。

グーグルが提供する電子書籍は、出版社が自由に金額を決めることができて、インターネットに接続できるデバイスならどんなデバイスでも利用できるようになるようだと報じられています。

アマゾンのように「Kindleじゃないとダメ」というポジションを取らない方向性のようです。

参考:
eWeek: Amazon Kindle DX Will Ship June 10

AFP: Color Kindle ‘multiple’ years away: Amazon CEO

eWeek: Google to Challenge Amazon, Enter eBook Business