ソニー「PSP」の新機種「PSP go」発表、スライド式でゲームはダウンロード購入

GAME Watch『SCEJ、PSPの新機種「PSP go」発売決定!UMDの代わりに16GBメモリを搭載し、小型・軽量化を実現』より

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEJ)は、携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」シリーズの最新機種である「PSP go」(型番:PSP-N1000)を、11月1日に発売する。価格は26,800円。

PSP(プレイステーション・ポータブル)の最新機種「PSP go」が日本では今年11月1日に発売されます。価格は26,800円(税込)です。

PSP go


スライドを閉じると手の平にすっぽり収まるサイズに。

PSP go

色はブラックとホワイトの2色。

サイズは約128×16.5×69mm(幅×高さ×奥行)、重量は約158gと小型・軽量化しています。

最大の特徴はUMDドライブを廃し、代わりに16GBのフラッシュメモリを搭載している点にあり、ゲームソフトをはじめとするさまざまなデジタルコンテンツを、フラッシュメモリに保存して、手軽に持ち歩くことができる。

「PSP go」の最大の特徴は、UMDドライブを廃止し、ゲームをパッケージではなくダウンロード購入するところです。

ゲームショップからは怒りの声が上がっているようですが、「パッケージからダウンロード」というのは、ゲームに限らず多くの産業の時代の流れです。

映画のレンタルDVDも、いずれはダウンロードが当たり前になるでしょうし。

ダウンロードなら、レンタルビデオ屋のような「レンタル中」という概念がなくなり、誰でも観たい映画を観たい時にダウンロードレンタルすることができます。

海外にいても、レンタルされたばかりの日本の最新映画を観ることができますし、近くにレンタルビデオ屋がない人にとってもダウンロードレンタルはありがたいでしょう。

また、ネットでダウンロード購入の方が、売上げもあがると思われます。

僕はAmazonで本を買うようになってから、本屋で買っていた時とは比べものにならないくらい、本を買うようになりましたから。

やはり、読みたい時にボタン1つで買えるとなると、ついつい買ってしまうんですよね。。そのせいで、未だ読んでない本もたくさんありますが。。

iPhoneアプリでもゲームが主流なように、ゲームのネットからのダウンロード化は誰にも止められないでしょう。

下記の動画はE3での「PSP GO」発表前に、プレイステーション 3(PS3)向け動画配信サービス「Qore」から流出したといわれている動画です。

PSP GO – QORE JUNE 2009 – HQ

いわゆるリーク動画ですね。

「PSP go」の詳細は下記のニュースリリースをご覧ください。

PlayStation.com(Japan)お知らせ:新しいデジタルライフスタイルを提案するPSP®「プレイステーション・ポータブル」go、PSP®の新ラインアップとして日米欧アジアにて2009年秋発売