2009年6月、アメリカの検索エンジンシェア(comScore)

米調査会社のcomScoreが2009年6月の「アメリカの検索エンジンシェア」を7月16日に発表しました。

結果は、

1位:Google(65.0%)
2位:Yahoo!(19.6%)
3位:Microsoft(8.4%)
4位:Ask Network(3.9%)
5位:AOL LLC(3.1%)

と、グーグルの一人勝ち状態が依然として続いています。

ヤフーとマイクロソフトを足しても合計で28%と、グーグルの半分にも及びません。

とりあえず、見やすいようにチャートにしてみました。

2009年6月、アメリカの検索エンジンシェア

2009年6月、アメリカの検索エンジンシェア

このチャートを見てもらえば、一目で分かる通り、Yahoo!とMicrosoftを足してもGoogleの半分にも及びません。

それだけ、アメリカでは検索エンジンといえばGoogleなんですね。

まぁ、アメリカだけでなく、ヨーロッパでも似たような傾向の国はいくつかありますが。

当ブログでは過去に検索エンジンシェアについての記事をいくつか書いています。

こちらも参考にどうぞ。

2009年03月30日
2009年1月、日本の検索エンジン シェア Y51.3%、G38.2%(comScore)

2009年02月11日
検索エンジンのシェアは、なぜcomScoreとHitwiseで大きな差があるのか?

2009年02月10日
2008年10月、「検索結果ページ」のページビューから見た日本の検索エンジンシェア

2008年12月26日
2008年11月、日本の検索エンジン シェア Y44%、G41%

2008年12月03日
2008年9月、日本の検索エンジン シェア Y51.2%、G39.0%

2008年07月16日
世界の検索エンジンシェア(2007年)

2008年06月30日
2008年4月、日本の検索エンジンのシェア Y56.2%、G31.3%

2007年09月13日
2007年7月の日本のYahoo!とGoogleの検索エンジンシェア

参考:
comScore Releases June 2009 U.S. Search Engine Rankings