空気循環器「ゼピール サーキュレーター ブラック DKS-20」を使ってみた感想・レビュー

だいぶ暑くなってきたので、空気循環器「ゼピール サーキュレーター ブラック DKS-20」を買ってみました。

ゼピール サーキュレーター ブラック DKS-20

これ、アマゾンで1,920円です。安いっ!

あまり期待しないで買ってみたのですが、正直、かなり良い感じですね。

この「ゼピール」というメーカーは扇風機界のユニクロみたいな存在になりそうです。

デザインもなかなか。


箱はダサいです。。1,920円って感じですね。

箱

横から見るとこんな感じ。

090716_10.jpg

後ろに風量切り替えをする3段階(強・中・弱)の回す部分があります。

サイズはすごく小さいですよ。

DVDパッケージとサイズ比較

DVDのパッケージとサイズ比較してみました。

扇風機やサーキュレーターで大事なことは「音」ですね。

音がうるさいと、それだけでストレスですから。

でも、この「ゼピール サーキュレーター ブラック DKS-20」の音は非常に静かです。

静かといっても、風のあるところに音はあるので、全く音がしないわけではないです。

気にならない程度の音ということです。

僕は3台のノートパソコンを机に置いて仕事をしています。

その中の1台でDVDを流しながら仕事をすることもあります。

大好きなミュージシャンのライブDVDを流していても、サーキュレーターの音は気になりません。

その程度ということです。

ただ、(強・中・弱)の3段階のうち、「強」にすると音が気になりますね。

でも、「強」で使うことってないです。

いつも、「中」か「弱」ですね。

ゼピール サーキュレーター ブラック DKS-20
B0014B92UI

Amazonでも、「ホーム&キッチン > 生活家電」で堂々の1位をなっています。

090716_12.gif

夏といえば、一番パソコンが壊れやすい季節です。

パソコンは熱に弱いですからね。

僕は暑いのは好きなんですね。寒いのは苦手ですが。

そして、クーラーが嫌いなんです。

クーラーの効いている部屋にいると、身体がダルくなってきます。。

だから、あまりクーラーを効かせたくないんです。

でも、部屋が暑いとパソコンが壊れます。

ハードディスクが吹っ飛びます。物理的損傷ってやつです。

数年前の夏に、東芝のノートパソコン「ダイナブック」でCNNの動画を見ていたら、突然、パソコンの画面が真っ黒になりました。

そして、二度と生き返ることはありませんでした。ハードディスクの物理的損傷です。。

その日はすごく暑かった記憶があります。

僕が暑いのが好きでも、パソコンは暑いのは苦手なんですね。

それ以来、夏はクーラーを弱めに入れるようにしています。

そして、このクーラーの冷風を効率的にしてくれるのが、今回購入した空気循環器「ゼピール サーキュレーター ブラック DKS-20」です。

部屋の空気の流れをよくしてくれます。夏は冷房の、冬は暖房の効率をアップしてくれます。

つまり、電気代の節約になり、エコにもなります。

扇風機なら使ったことあるけど、サーキュレーターは使ったことがないという人は、最初の1台目としては「ゼピール サーキュレーター ブラック DKS-20」はオススメですね。安いですからね。