米放送局CBSが雑誌「Entertainment Weekly」で雑誌内ビデオ広告

gurdian.co.uk『Entertainment Weekly launches CBS and Pepsi embedded video adverts』より

アメリカの3大放送局といえば、NBC、ABC、CBSですが、その中の1つCBSがペプシと組んで、「Entertainment Weekly」という雑誌に雑誌内ビデオ広告を打つそうです。

雑誌内ビデオ広告

上の写真の右上の3人の人が映った部分がビデオ広告です。

gurdian.co.ukの記事では、この動画のことを「Wafer-thin screens(極薄スクリーン)」と呼んでいます。

YouTubeには、その雑誌内ビデオ広告の動画がアップされています。


CBS Embeds Video Player in Entertainment Weekly Magazine

なんでも、チャーリー・シーンが主演するホームコメディ(シットコム)「Two and a Half Men」もこの雑誌内ビデオ広告で宣伝されるそうです。

雑誌の中で写真や文字としてテレビ番組を宣伝するより、動く動画で宣伝した方が読み手のインパクトに残りますからね。

その動画のティーザー的要素が強ければ、テレビで続きが観たくなりますし。

僕としては、雑誌内で動画が埋め込まれるというと、映画「マイノリティ・リポート」を思い出します。

「マイノリティ・リポート」では、新聞が電子になっていて、最新のニュースがその都度アニメーションのように入れ替わるですん。

つまり、電車に乗っていても、新聞さえ持っていれば常に最新のニュースが見れるということです。

この予告編動画に一瞬、新聞のシーンが出ますよ。

Minority Report Trailer(マイノリティ・リポート予告編動画)

「マイノリティ・リポート」は2002年に公開された映画ですが、徐々にこの映画で描かれている近未来の世界が現実になってきているようです。

マイノリティ・リポート (2枚組 プレミアム) [DVD]
マイノリティ・リポート (2枚組 プレミアム) [DVD]