Ne-Yo(ニーヨ)のコンサート(さいたまスーパーアリーナ)に行ってきました!

昨日は「さいたまスーパーアリーナ」に、大好きなR&Bミュージシャン「Ne-Yo(ニーヨ)」のコンサートに行ってきました。

Ne-Yo さいたまスーパーアリーナ

「さいたまスーパーアリーナ」には、はじめて行ったのですが、「さいたま新都心駅」を出て「さいたまスーパーアリーナ」までの道のりはすっかりクリスマスモード。

クリスマスモード

多くの若者、そして年配の方もけっこういました。

さいたまスーパーアリーナの入り口

まぁ、音楽に年齢は関係ないですからね。


僕の席はアリーナ席のBブロック。できればAブロックで見たかったですねー。

Bブロックだと顔の表情まで見えないんですよね。

1曲目は「Because Of You」。

Ne-Yo登場

もう1曲目から会場は大盛り上がり。

女性ファンたちの「キャァ〜〜!!」という叫び声がすごかったです。

僕も大好きな曲の1つなので、一気にテンションマックス状態!

2曲目は「Stay」。引き続きヒートアップ!

091025_5.jpg

3曲目はマイケル・ジャクソンの死を悼むようにマイケルの曲「Off The Wall」をカバー。

その後は、コンサート会場の上がりすぎた体温を下げるように、スローで大人なナンバーが続きました。

091025_6.jpg

そして、名曲「Sexy Love」のイントロが流れると、会場は再び大盛り上がり。

僕もこの曲を生で聴けて鳥肌が立ってしまいました。

「Sexy Love」が終わった後に、Ne-Yo(ニーヨ)は日本語で「あいしてる!」と。

この一言に会場の女性達はまたまた雄叫びを上げていました。

そして、「Sexy Love」の余韻が終わらないうちに、甘いバラード「Mad」が続きました。

091025_7.jpg

その後、1曲はさんで「So Sick」。せつないバラードなのに、この曲も盛り上がりましたねー。

続いて「Do You」。アレンジをかなり変えていましたね。CDの「Do You」とは別の曲のような感じでした。

そして、次はNe-Yoが作詞作曲を手掛けたBeyonce(ビヨンセ)の「Irreplaceable(イレプレイスブル)」を部分的に披露。

Ne-Yo好きの女の子はBeyonce(ビヨンセ)も好きな人が多いので、とこの歌の歌詞を知っている人は「to the left♪ to the left♪」とNe-Yoと一緒に歌っていましたね。

091025_8.jpg

そして、数曲を歌った後、ケリー・ヒルソンとカニエ・ウェストとコラボした「Knock You Down」のイントロが流れると、またまた会場に悲鳴が。

生ケリー・ヒルソンを見たかったのですが、もちろんNe-Yo一人で歌いました。

その後も数曲歌い、僕の中で「あの曲、まだかなぁ〜」とふと頭によぎりました。

あの曲とは、僕が一番好きな「Go On Girl」です。

すると、やっと「Go On Girl」のイントロが流れました。

他の会場の皆も待ちわびていたのか、イントロが流れたとたんに悲鳴が響き渡りました。

この「Go On Girl」はサイコーでしたね。

途中で管楽器(フルート?)が入って、Ne-Yoの声と管楽器の音がハモるような感じになって、全身鳥肌立ちました。

そして、「Go On Girl」の演奏が終わると、Ne-Yoが会場に向かって「楽しい?」と日本語で尋ねると、会場も「イエーイ♪」と答え、またまた日本語「あいしてる」で締めくくるNe-Yo。

そして、ノリノリになった会場をさらにたたみ掛けるように「Miss Independent」が始まります。

そして、ここで一旦終了。

といっても、アンコールは1回はありますからね。

みんな、アンコールを求めて手拍子開始。

すると、時間が押していた関係か、Ne-Yoはすぐに出てきました(笑)

アンコールで演奏した曲は2曲。

「Can We Chill」と「Closer」でした。

めちゃくちゃ盛り上がりました。

「Closer」で歌い踊るNe-Yoを見て、あらためてNe-Yoのダンスの上手さを認識しましたね。

あんなゴツイのに、なんであんなに軽やかなステップを踏めるんだろう?

と、こんな感じでさいたまスーパーアリーナのコンサートの感想は以上になります。

Ne-Yo(ニーヨ)をあまり知らない人は、まずはこのベストアルバムから聴いてみるのがいいでしょう。

NE-YO:ザ・コレクション(初回生産限定特別価格)
NE-YO:ザ・コレクション(初回生産限定特別価格)

iTunes StoreならNe-Yoの曲をほぼ全曲試聴できますし、1曲150円で好きな曲だけ買うことができます。


Ne-Yo:ザ・コレクション – Ne-Yo

また、Ne-Yo(ニーヨ)はマイケル・ジャクソンと一緒でダンスが上手いので、聴くNe-Yo(ニーヨ)もいいですが、動くNe-Yo(ニーヨ)はさらに良いです。

なので、過去の代表作のPV映像が入っているDVDが付きのコンプリート・エディションはかなりオススメです!

NE-YO:ザ・コレクション コンプリート・エディション(DVD付)
NE-YO:ザ・コレクション コンプリート・エディション(DVD付)

また、「ステイ」「ソー・シック」「セクシー・ラヴ」「ビコーズ・オブ・ユー」「ゴー・オン・ガール」などの名曲10曲のPVが収録されたDVD「ビデオズ・オブ・ザ・ジェントルマン 」もオススメ。

ビデオズ・オブ・ザ・ジェントルマン [DVD]
ビデオズ・オブ・ザ・ジェントルマン [DVD]

僕は、マイケル・ジャクソンが死んでしまった時に、強烈に痛感したことがあるんですよね。

それは、「なんでマイケルの生のライブを見なかったんだろう・・・」と。

今のインターネット時代では、YouTubeを見れば、有名なアーティストのビデオクリップやライブ映像は自宅で無料で見れてしまいます。

でも、そんな時代だからこそ、コンサート会場まで足を運んで、生(ライブ)に触れることは重要だなぁーと思ったんですよね。

どんな情報にも簡単にアクセスできてしまうインターネット時代だからこそ、自分の足で移動しないとアクセスできない生(ライブ)な情報にこそ、より多くの価値が生まれる時代だと思いますね。

まさに、「移動距離とクリエイティブは比例する」です。

それにしても、音楽ってなんでこんなに素晴らしいのだろう!

僕は音楽さえあれば何もいらないと思ってしまう瞬間が週に3回くらいありますね。

戻れることなら、また昨日に戻りたいですね・・。まだ、余韻が身体に残っています。