Yahoo! JAPANがGoogleの検索エンジンと検索連動型広告の採用を発表

ちょっとビックリするニュースが入りました。

Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)がGoogle(グーグル)の検索エンジンと検索連動型広告の採用を発表しました。

ヤフージャパンは次のように発表しました。

日本において利用者数で圧倒的No. 1を誇るインターネット総合サービスカンパニーであるYahoo! JAPANは、様々な人気の高いサービスを提供しておりますが、そのなかの一つである検索サービスにおいて使用している「検索エンジン(インターネットに存在する
情報を検索する機能)」と、「検索連動型広告配信システム(検索キーワードに連動した最適な広告を検索を利用されているお客様に配信するシステム)」をGoogle Inc.(米国カリフォルニア州、米ナスダック上場、以下「グーグル」)のエンジンおよびシステムに切り替えることに決定いたしました。

アメリカでは、Yahoo!はBingの検索エンジンを導入するという噂が流れていましたが、日本ではヤフージャパンはグーグルを選んだということになります。

グーグルとヤフーでは、検索エンジンのアルゴリズムがかなり違うので、これは面白いことになりそうですね。


提供元変更による影響範囲

上の図はヤフーから提供された検索結果画面ですが、赤枠の「検索連動型広告」と青枠の「ウェブ検索」がグーグルになるということです。

その他は、今まで通り、ヤフーのコンテンツが表示されるということです。

ただし、ヤフージャパンは次のように説明しています。

今回の契約の対象は、Yahoo! JAPANの検索サービスにおける検索エンジンおよび検索連動型広告配信システムのサービス提供を受けることに限定されています。
Yahoo! JAPANは、検索ページや検索サービスを今後も自ら運営していくことはもちろんのこと、検索連動型広告においても、広告主が希望するキーワードに値段を付け、オークション形式により広告の掲載可否や順序を決定する場である「マーケットプレイス」を、これまでどおりYahoo! JAPAN独自のものとして維持してまいります。
したがって、Yahoo! JAPANとグーグルは、広告と検索サービスを含むすべてのサービスにおいて、今後も競い合う関係であることに変わりはありません。

う〜ん、これ、どういう意味なんでしょうか??

・Yahoo! JAPANは、検索ページや検索サービスを今後も自ら運営

・検索連動型広告においても、広告主が希望するキーワードに値段を付け、オークション形
式により広告の掲載可否や順序を決定する場である「マーケットプレイス」を、これまで
どおりYahoo! JAPAN独自のものとして維持

ということですが、ヤフーの検索結果画面では「ウェブ検索」と「検索連動型広告」はグーグルのシステムを採用するんですよね?

とりあえず、他には以下のように発表しています。

・今回の契約の対象は、ウェブ、画像、動画、モバイルの4領域における、検索エンジンおよび
検索連動型広告配信システムのサービス提供を受けることに限定。

・GoogleはYahoo! JAPANに対して検索エンジンを提供。Yahoo! JAPANは
ユーザー向けにフィットするよう、YST/YSMと同様にYahoo! JAPAN独自の調整を加えながらGoogleの検索サービスをカスタマイズ。

・検索エンジンと検索連動型広告配信システムの提供をYahoo! JAPANが受ける契約の期間は
当初2年ですが、その後Yahoo! JAPANが断らなければ自動的に2年延長されます。それ以降に
ついても双方が合意すれば更新することが可能。

・Yahoo! Inc.は引き続き検索サービスおよびその他サービスにおけるYahoo! JAPANの戦略的パートナーであり、現在の資本関係も継続。

・移行のタイミングは現状では未定。

ふと思ったのですが、ウェブ検索に関しては、以前の状態に戻るということですね。

2001年4月〜2005年5月まで、Yahoo! JapanはGoogle検索を採用していましたからね。

2009年1月現在での日本の検索エンジンシェアは、Yahoo! JapanとGoogleを足して89.5%です。

Yahoo!:51.3%
Google:38.2%

つまり、ヤフージャパンがグーグルのウェブ検索を採用することによって、約90%のユーザーがグーグルの検索を利用するということになります。

ヤフーのSEO対策に膨大な時間とコストを投入した人は、複雑な気分になることでしょう。

逆に、グーグルで上位に表示されているサイトは、今後、さらにアクセスを集めることになるでしょう。

でも、検索エンジンシェア争いって、実はもうずいぶん前に勝負はついています。

Googleにとっては、Yahoo!もBingもそれほど眼中になかったりします。

Googleが本当に恐れているのはfacebook(フェイスブック)ですね。

その理由は、この本を読めば分かります。

グーグル秘録
グーグル秘録

facebook(フェイスブック)に関しては、この本がオススメです。

facebook
facebook

米Yahoo!はBingのウェブ検索を採用するそうですが、2009年6月のアメリカ検索エンジンシェアを見る限り、すでに勝負ありって感じです。

今後は、検索エンジン同士の勝負ではなく、検索エンジン vs ソーシャルメディアという対決がどんどん濃厚になっていくことでしょう。

以下、Yahoo! JapanのプレスリリースのPDFファイルへのリンクです。

Yahoo! JAPANの検索サービスにおけるグーグルの検索エンジンと検索連動型広告配
信システムの採用、ならびにYahoo! JAPANからグーグルへのデータ提供について

よくあるご質問