深夜放送や語学講座を好きな時に聴けるラジオが録音できるICレコーダーが人気

最近、ラジオが録音できるICレコーダーが人気だそうです。

背景にはラジオの深夜番組や語学講座を通勤中や通学中に聴きたいという需要があるようです。

「テレビを録画して後で見る」というスタイルは誰でも経験していると思いますが、ICレコーダーが進化した左近では「ラジオを録音して後で聴く」という時代なのかもしれません。

特に、語学講座を聴いて語学の勉強したい人には、再生スピードが調整できるICレコーダーを上手に使いたいですね。

ここでは、高機能で売れ筋の2機種のICレコーダーをご紹介します。

◎ラジオサーバーポケットPJ-10(オリンパスイメージング)

OLYMPUS ICレコーダー機能付ラジオ録音機 ラジオサーバーポケット PJ-10
OLYMPUS ICレコーダー機能付ラジオ録音機 ラジオサーバーポケット PJ-10

・ラジオだけでなくテレビの音声も受信できる。

・AMラジオの受信感度を上げるためにに大きめのアンテナを内蔵。

・室内のテレビアンテナ端子と接続したアンテナステーションを使えば、受信性能はさらに上がる。

◎ザクティICR-XRS120MF(三洋電機)

SANYO ICレコーダー ICR-XRS120MF(S)
SANYO ICレコーダー ICR-XRS120MF(S)

・音楽番組の音楽だけを選んで高音質のPCM録音ができる「楽曲セレクト」機能がある。

・付属のスタンド型の拡張機器は4スピーカーで、接続すればラジオ放送や録音番組を高音質で聴けるし、FMアンテナ機能も高められる。

この2機種は、語学学習に便利な再生スピードの調節や頭出し、同じ部分を繰り返し聴ける機能が付いています。