WordPress(ワードプレス)のダッシュボードにアクセス解析を表示できるプラグイン「Stats」

プラグイン「Stats」

WordPress(ワードプレス)でアクセス解析「Google Analytics」を使う人が入れるべきプラグイン「Ultimate Google Analytics」でアクセス解析の重要性や「Google Analytics」のすごさを説明しましたが、中にはもっと気軽にライトにアクセス解析を使いたいという人もいると思います。

そんな人にオススメのプラグインがあります。

このプラグインを使うと、Wordpress(ワードプレス)のダッシュボード(管理画面のトップページ)にアクセス解析が表示されます。

しかも、かなりリアルタイムに解析できちゃうのです。3分ごとに最新情報が更新されますから。


ワードプレスに特化した高速レンタルサーバー

プラグイン「Stats」のインストール方法

そのプラグインとは「Stats」です。

この「Stats」はWordpressのプラグインとしてはかなり有名なようで、多くのWordpress使いがインストールしているプラグインです。

右上の茶色の「Download Version 〜」ボタンをクリックして、プラグインをダウンロードします。

すると、「stats」という名前のフォルダがダウンロードされるので、FTPソフトで「stats」フォルダをまるごと「/wp-content/plugins/」にアップロードします。

つまり、FTPソフト上では「/wp-content/plugins/stats/」ということです。

そして、管理画面の「プラグイン」で有効化します。

プラグイン「Stats」を使うにはAPI keyが必要

今回のプラグイン「Stats」を使うにはAPI keyが必要なんです。

先ほど、管理画面の「プラグイン」で有効化すると、ページ上部に赤枠で次のようなコメントが表示されます。

WordPress.com Stats needs attention: please enter an API key or disable the plugin.
(ご注意:APIキーを入力するか、プラグインを停止してください。)

赤枠コメント

もしあなたのがすでにAPI keyを持っているなら、赤枠の「WordPress.com Stats」リンクをクリックして、次のページでAPI keyを入力します。

API keyを入力

もし、あなたがAPI keyを持っていないなら、ここでAPI keyを取得する必要があります。

あなたがAPI keyを持っていないということは、ワードプレスにデフォルトで入っているコメントスパムからブログを守るプラグイン「Akismet」を有効化していないということです。

なぜなら、「Akismet」を有効化するにはAPI keyが必要だからです。

API keyを取得するために、サイト上にコメントを表示するにせよ、しないにせよ、プラグイン「Akismet」を有効化しておきましょう。

まず、Akismet anti-spam plugin for WordPressに行き、「Get an Akismet API key」をクリックします。

「Get an Akismet API key」をクリック

次のページで「Personal」を選びます。

「Personal」を選ぶ

次のページで名前とメールアドレスを入力します。

名前とメールアドレスを入力

このページの右側は使用料金が設定できるようになっています。

デフォルトでは年間36ドルです。

このスライダを左にずらし、0ドルにすれば無料で使えます。

もしあなたが「このプラグインはすごく利用価値があるのでお金を支払いたい!」と思ったなら、使用料金を支払ってあげると制作者は喜ぶでしょう。

そして、最後に「CONTINUE」ボタンをクリックし、その後の作業も完了させ、API キーを取得します。

API キーを取得したら、Wordpress(ワードプレス)の管理画面に戻り、「プラグイン – WordPress.com Stats」ページでAPI キーを入力して、「Save」ボタンをクリックします。

API キーを入力して「Save」ボタンをクリック

そして、次のページで「Recover stats」ボタンをクリックします。

「Recover stats」ボタンをクリック

すると、プラグイン「Stats」の設定画面が表れます。

プラグイン「Stats」の設定画面

ここで「Jetpack Notice」にチェックを入れれば、さっきからページ上部に出てくる「Get Jetpack Now!」というちょっとウザイバナーが非表示になります。

その他は基本的にデフォルトのままでOKだと思います。

僕がWordpress(ワードプレス)で作ったサイト「Breakdance Times – ブレイクダンス版の動画Wikipedia」は僕だけでなく、複数の人数で運営しているので、管理者だけでなく編集者や投稿者もダッシュボードでアクセス解析が見られるのは非常によいことだと思います。

また、「Registered users」のチェックを外しておけば、管理画面にログインしているメンバーのアクセスは計上しないというのもいいですね。

最後に「Save options」をクリックして、プラグイン「Stats」のインストールと有効化は終わりです。

と言いたいところなのですが、実はまだやるべき作業が1つ残っているのです。

フッターにPHPソースを挿入する

プラグイン「Stats」を正常に使うにはHTMLソースのフッターの「</body>」タグに真上に、

<?php wp_footer(); ?>

というPHPソースを挿入する必要があるのです。

個人的にはこれはすごく盲点だと思うのです。

というのも、プラグイン「Stats」の「インストール方法ページ」にはそんなこと一切触れていないからです。。。

でも、「FAQページ」でさらりと触れています。。。

What if the stats don’t start showing up? Do I need anything special in my theme?
(もし、ダッシュボードにstatsのアクセス解析が表示されない場合は、私はテーマを編集する必要がありますか?)

Yes, your theme must have a call to <?php wp_footer(); ?> at the very bottom right before the </body> tag. (Typically in your theme’s footer.php, but some themes put this in more than one place.)
(あるよ!君のテーマのbodyタグの真上に<?php wp_footer(); ?> を挿入する必要があるよ。たいていのテーマは「footer.php」にbodyタグがあるよ。)

この情報はインストール方法ページに書くべきだと思うのは僕だけでしょうか・・・。

これで、ダッシュボードにアクセス解析が表示されます。

ダッシュボードにアクセス解析が表示

「View All」ボタンをクリックすれば、さらに詳しいアクセス解析情報を見ることができますよ!

110917_11.gif

最後にもし、Wordpressを導入するレンタルサーバー選びに悩んだなら、WordPress(ワードプレス)に最適なレンタルサーバーを参考にしてみてください。