WordPress(ワードプレス)で作ったサイトのバックアップを自動でとるプラグイン「WP-DBManager」

ウェブサイトを運営する場合、非常に重要になってくるのがバックアップです。

特に、記事が増えれば増えるほど重要性は増します。

僕は以前、使っていたレンタルサーバーがハードディスクの物理的損傷を起こし、すべてのデータが吹っ飛びましたから・・・。

普通のHTMLサイトの場合、パソコン内にすべてのデータが残っているので、レンタルサーバーのハードディスク内のデータがすべてなくなってしまっても、のちほど新ためてアップロードしてサイトを復旧することができます。

しかし、Wordpress(ワードプレス)やMT(Movable Type)のようなCMSの場合、データベースに書き込んだ内容が残りますが、自分のパソコン内には残りません。

そして、そのデータベースはレンタルサーバーのハードディスク内にあるのですから、レンタルサーバーのハードディスクが物理的損傷を起こしてデータが全てなくなってしまったら、データベースもなくなるということです。

だから、データベースファイルを自分のパソコン内に定期的にバックアップしておくことが大切なのです。

しかし、バックアップのような地味な作業って忘れてしまいますよね。

でも、Wordpress(ワードプレス)ならデータベースのバックアップを指定した期日で定期的に自動でやってくれるプラグインがあるのです。

これは便利ですね〜。


ワードプレスに特化した高速レンタルサーバー

プラグイン「WP-DBManager」

データベースのバックアップを自動でとってくれるプラグインは「WP-DBManager」です。

ページ右側の「Download Version xxx」をクリックしてプラグインをダウロードし、ダウンロードされた「wp-dbmanager」フォルダを「/wp-content/plugins/」にアップロードします。

FTP上では「/wp-content/plugins/wp-dbmanager/」ということです。これで、インストール完了です。

インストールしたら、今度は管理画面の「プラグイン – インストール済みプラグイン」で「有効化」します。

有効化すると、以下のようなアラートが出るはずです。

アラート

このアラートは「/wp-content/plugins/wp-dbmanager/」にある「htaccess.txt」ファイルを「/wp-content/backup-db/」に移動しろと言っています。

そこで以下の手順を踏んでファイルの移動をします。

(1)「/wp-content/plugins/wp-dbmanager/」にある「htaccess.txt」をデスクトップにダウンロード。
(2)「/wp-content/plugins/wp-dbmanager/」にある「htaccess.txt」を削除。
(3)デスクトップにダウンロードした「htaccess.txt」を「/wp-content/backup-db/」にアップロード。
(4)最後に「htaccess.txt」のファイル名を「.htaccess」に変更。

この作業が終わった時点で「/wp-content/backup-db/.htaccess」となっているはずです。

なぜ、FTP上で「htaccess.txt」ファイルの名前を変更するのかというと、パソコン上では「.htaccess」というファイル名は使えない場合があるからです。

ちなみに、プラグインを有効化した時点で自動的に「/wp-content/backup-db/」フォルダは作られます。

もし自動的に作られていない場合は、「wp-content」フォルダのパーミッションを「777」に変更して、「backup-db」フォルダを「wp-content」フォルダの中に自分で作ってしまいましょう。

さて、ここまでの作業が終われば、管理画面の左メニューに「Database」メニューができているはずです。

「Database」メニュー

ページ下の「Backup」ボタンを押せば、データベースのバックアップを取ることができます。

バックアップが成功すれば、「Database Backed Up Successfully On ‘9/18/2011 @ 8:22 PM’.」というようなメッセージが出ます。

バックアップが成功

FTPソフトを見ると、「/wp-content/backup-db/」フォルダの中にsqlファイルがあります。

FTPソフト上

ただし、これではデータベースファイルがレンタルサーバー内の別の場所にあるだけなので、このファイルを自分のパソコン内にダウンロードしてこなければいけません。

そこで、左メニューの「Manage Backup Database」で「Select」にチェックを入れ、パソコン内にダウンロードしたい場合は「Download」ボタンをクリック、自分のメールアドレスにファイル添付として送りたい場合は「E-Mail」をクリックします。

Manage Backup Database

これでデータベースのバックアップは完了です。

バックアップを取るスケジュールは「Database Options」のページ下部で設定できます。

もし、Wordpress(ワードプレス)を使っていて、データベース周りでうまくいかない場合は、使っているレンタルサーバーを変更することをオススメします。

オススメのレンタルサーバーはデータベース超初心者でも直感的に使うことができるくらい管理画面がわかりやすいこのサーバーです。