Boot CampでMac OS 10.7(Lion)にWindows7をインストールした体験記!

先日、海外に行く前にMacBook Airの中にBoot CampでWindows環境を作りました。

111219_42.jpg

Boot Campを使うと、Macの中にMac OSとWindows OSを共存させることができます。

つまり、Mac1台の中にMac OSだけでなく、Windows OSも入っていて、再起動をしてMacとWindowsを切り替えながら使えるというものです。

Boot Campをすることによって、海外に行く時にMacとWinの2つのPCを持っていくことなく、Mac1台だけ持っていけば済むことになります。

僕の場合、どうしても仕事で使うソフトでWindowsでしか動かないソフトがあるので、Boot Campをすることにしました。

用意するもの

  • Windows 7のOS
  • 外付けスーパードライブ
  • 外付けハードディスク

まず、MacにインストールするためのWindows OSが必要です。

Windows 7 Home Premium 通常版 Service Pack 1 適用済み
Windows 7 Home Premium 通常版 Service Pack 1 適用済み

ただ、正規版は2万円前後と価格が高いので、僕はDSP版を購入しました。

Microsoft Windows7 Home Premium 64bit 日本語 DSP版 + メモリ [DVD-ROM]
Microsoft Windows7 Home Premium 64bit 日本語 DSP版 + メモリ [DVD-ROM]

これだと1万円前後で購入することができます。

111219_50.jpg

111219_51.jpg

DSP版とは一緒に売られているハードウェア(一般的にはパソコンパーツ)と使うことを前提に販売されているOSです。

僕が購入したものはメモリと一緒にWindows7が販売されたものです。

DSP版は自作PCなどでよく使われているOSですね。

ただ、今回の場合は、Boot Camp用に使うので、付属のメモリは使うことはないのですが・・・。

Windows OSの次は、MacBook Airの場合は外付けスーパードライブが必要です。

Apple MacBook Air SuperDrive MC684ZM/A
Apple MacBook Air SuperDrive MC684ZM/A

というのも、MacBook AirにはインストールCD-ROMを入れるドライブがないからです。

なので、MacBook Proでは必要ないですね。

111219_48.jpg

111219_49.jpg

最後に、外付けハードディスクも必要です。

BUFFALO ポータブルハードディスク レッド 500GB HD-PE500U2-RD/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
BUFFALO ポータブルハードディスク レッド 500GB HD-PE500U2-RD/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

Windows OSをインストールする際に、起動可能なUSBドライブをこのハードディスクに作ります。

外付けハードディスクはフォーマットされてまっさらの状態になるので、外付けハードディスク内にデータがある場合、Boot Campの作業をする前に必ずバックアップをとっておく必要があります。

準備すること

まず、ソフトウェア・アップデートでMAC OSを最新にアップデートします。

画面左上のメニュー「アップル」→「ソフトウェア・アップデート」を選びます。

そして、「Boot Camp インストールと設定ガイド(PDF)」を読みます。

Boot Campの作業中はMacでこのPDFは読むことができないので、印刷するか、他のPCでダウンロードして作業中も読める状態にしておきましょう。

最新の「Boot Camp インストールと設定ガイド」はAppleのBoot Campサポートページでチェックできます。

また、「Mac 101:Boot Camp を使って Mac で Windows を使う」も読んでおきましょう。

Boot Campアシスタント

さて、とうとう作業開始です!

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「Boot Campアシスタント」を開きます。

111219_1.jpg

「続ける」ボタンをクリックします。

111219_2.jpg

3つのチェックボックスにチェックが入っていることを確認してから、「続ける」ボタンをクリックします。

111219_3.jpg

「ISOイメージ」はこれから「ディスクユーティリティ」で作ります。

「保存先ディスク」は外付けハードディスクである「BUFFALO HD-PEU2 Media HD-PEU2」が表示されています。

では、Windows7のISOイメージを「ディスクユーティリティ」を使って作成しましょう。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を開きます。

111219_4.jpg

ディスクユーティリティで「ファイル」→「新規」→「〜〜〜DVDからのディスクイメージ」を選択します。

111219_5.jpg

「イメージフォーマット」で「DVD/CDマスター」を選択して「保存」します。

111219_6.jpg

ディスクイメージを作成します。

111219_7.jpg

ディスクイメージの作成が完了すると、デスクトップに「.cdrファイル」が作成されます。(保存場所をデスクトップを選んだ場合)

111219_8.jpg

このファイルの拡張子「.cdr」を「.iso」に手動で変更します。

111219_9.jpg

「ISOイメージ」で、先ほど拡張しを「.iso」に変更したディスクイメージを選択します。

111219_10.jpg

「続ける」をクリックすると、警告画面が出るので再度「続ける」ボタンをクリックします。

111219_11.jpg

パスワード要求されます。

111219_12.jpg

この時点で、Finderの左メニューの「デバイス」には「WININSTALL」があります。

111219_13.jpg

Windows OS用のパーディションを作成します。

Windows 7のインストールに最低限必要なディスク容量は、32bit版で16GB、64bit版で20GBです。

111219_14.jpg

僕は30GBに変更しました。容量を変更するには「Mac OS X」と「Windows」の間にマウスをもっていきドラッグします。

ちなみに、ここで設定したパーディションの容量は後で変更することはできません。

111219_15.jpg

最後に右下の「インストール」ボタンをクリックしてパーディションを作成します。

これで「Boot Campアシスタント」での作業は完了です。

Windows 7のインストールとセットアップ

111219_16.jpg

111219_17.jpg

「Boot Campアシスタント」の「インストール」ボタンを押すと、Windows7のインストールが開始します。

111219_18.jpg

まずは、言語設定やキーボード設定です。

111219_19.jpg

「今すぐインストール」をクリック。

111219_20.jpg

「同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリック。

111219_21.jpg

「新規インストール」をクリック。

111219_22.jpg

インストール場所はもちろん「BOOTCAMP」です。

111219_23.jpg

「OK」をクリック。

111219_24.jpg

Windowsのインストールがはじまります。インストール中は何度か再起動します。

111219_25.jpg

途中、こんな画面が表示されたりします。

111219_26.jpg

再起動します。

111219_27.jpg

「ユーザー名」と「コンピュータ名」を入力します。

111219_28.jpg

「パスワード」を設定します。

111219_29.jpg

パッケージに書いてあるプロダクトキーを入力します。

111219_30.jpg

「推奨設定を使用します」をクリック。

111219_31.jpg

タイムゾーンを選び、日付を設定します。

111219_32.jpg

とうとう、Windowsが開きました。

MacでWindowsって違和感ありますが、ちょっと感動します。

111219_33.jpg

OSがWindowsなので、最初はマウスで操作する必要があります。

111219_34.jpg

とりあえず、右クリック。

111219_35.jpg

このあたりは記憶が曖昧なのですが、なぜか再起動されました。

そして、立ち上げるOSを選択できる画面が表示されるのでWindowsを選びます。

111219_36.jpg

「コンピューター」→「WININSTALL」→「setup」をダブルクリックして起動させます。

111219_37.jpg

Boot Campインストーラが立ち上がります。

111219_38.jpg

「Apple Software Update for Windows」にチェックを入れます。

111219_39.jpg

Boot Campがインストールされます。

111219_40.jpg

Boot Campのインストールが完了です。

111219_41.jpg

再起動するので、パスワードを入力してログインします。

111219_42.jpg

Windowsが立ち上がります。

111219_43.jpg

IEでインターネットをチェック。ちゃんと見れてますね。

これでBoot CampによるMacにWindowsをインストールは完了です!

111219_44.jpg

Macに戻るには、画面右下の「Mac OS Xで再起動」を選びます。

立ち上げ時の起動ディスクを選ぶ方法

僕はMacをメインを使っているので、起動ディスクはMacです。

でも、Windowsをメインに使いたいなら、「システム環境設定」の「起動ディスク」で選ぶことができます。

111219_45.jpg

Optionキーを押したまま再起動しても、起動ディスクを選ぶことができます。

インストールしたWindowsをMacから取り除く方法

なんらかの理由でインストールしたWindowsをMacから取り除きたい場合は、以下の方法で削除します。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「Boot Campアシスタント」を立ち上げます。

そして、「Windows7を取り除く」を選び、次の画面で「復元」ボタンをクリックします。

111219_46.jpg

111219_47.jpg

参考サイト

この記事を見て、Boot Campがうまく設定できればいいのですが、なんらかの理由でうまくいかない人もいることでしょう。

そんな場合は以下のサイトを参考してみるといいと思います。

僕も参考にしました。

Apple : Time Machine

ASCII:完全保存版・MacにWindows 7をインストールしよう

Lionそっちのけ! 新MacBook Airにウィンドウズ7を即インストール

Mac OS X LionにBootCampでWindows7をインストールしてみた Type-gPlatform-ウェブリブログ

Macの疑問 Boot Camp編 [インストールの準備] Windowsをインストールするのに必要なものは? – できるネット+