外付けHDDがMacでは認識されるのにWindowsでは認識されない理由

10月にMacBook Airを購入してから、快適な仕事環境を整えようといろいろと試してきました。

MacBook Airはハードディスクがフラッシュストレージなので256GBしかありません。

なので、iTunesの音楽ファイルiPhotoの写真データiMovieの動画ファイルなどは外付けハードディスクに入れて管理するようにしています。

111227_2.jpg

BUFFALO ポータブルハードディスク レッド 500GB HD-PE500U2-RD/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]
BUFFALO ポータブルハードディスク レッド 500GB HD-PE500U2-RD/N [フラストレーションフリーパッケージ(FFP)]

ある時、この外付けハードディスクをWindowsにつないだところ、認識されなくなっていました。

いろいろと原因を調べたところ、どうやらフォーマットに問題があったようです。


僕が使っているバッファローの外付けHDDは工場出荷時のフォーマットは「FAT32」です。

しかし、僕はMacでいろいろと作業しているうちに、「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」というフォーマットに変更していたようです。

というのも、現状のiMovieでは「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」というフォーマットじゃないと外付けハードディスクが使えないからです。

なので、現状ではMac専用の外付けハードディスクとして使っています。

どうしても、Windowsで外付けHDDを使いたい場合は、フォーマットを工場出荷時と同じ「FAT32」に変更する必要があります。

BUFFALOハードディスクのフォーマットを変更する方法

BUFFALOのハードディスクのフォーマットを変更するには「Disk Formatter」というソフトウェアをダウンロードします。

以下のページから無料でダウンロードできます。

Disk Formatter : ダウンロード | バッファロー
ソフトウェア、取扱説明書などのダウンロードを行うことができます。

『「ダウンロードソフトウェア使用許諾契約」に同意してダウンロードする』というテキストリンクをクリックすればダウンロードできます。

フォーマットを「FAT32」に変更する方法は、PDFの「Disk Formatter ソフトウェアマニュアル」に書いてあります。

データはすべて消えてしまうので、バックアップしてからフォーマットするようにしましょう。