Windows(ウィンドウズ)とMac(マック)でファイル共有する方法

僕は現在、先日購入したMacBook Air(Mac OS 10.7)をメインマシンとして使い、サブマシンとしてLet’s note(Windows Vista)を使っています。

Mac(マック)とWindows(ウィンドウズ)を両方使っていると、どうしても避けられないのがファイル共有です。

今回は「MacからWindowsのデータをとってくる方法」と「WindowsからMacのデータをとってくる方法」について書きたいと思います。

MacからWinは簡単なのですが、WinからMacが意外と難しいんですよね。。

ファイル共有:MacからWindowsのデータをとってくる方法

現在、僕のMacBook AirのOSのバージョンは10.7.2です。

111228_1.jpg

まずは、システム環境設定で「共有」を開きます。

111228_2.jpg

「共有」画面では、左側の「ファイル共有」にチェックを入れ、右側の「ユーザー:全員」を「読み/書き」にします。

ここを「読み/書き」にしないとWindowsからMacにアクセスできない可能性があります。

そして、最後に「オプション」をクリックします。

111228_3.jpg

この画面で「AFPを使用してファイルやフォルダを共有」はMac同士のファイル共有です。

「AFP」は「Apple Filing Protocol」の略で、ネットワーク内のMac同士でデータをやり取りするための通信形式のことです。

ですから、Macを2台以上使っている場合は、こちらのチェックを入れておくと、ファイルを共有することができます。

ただし、今回はMacとWindowsのファイル共有なので、大切なのは「SMB(Windows)を使用してファイルやフォルダを共有」と「アカウント」にチェックを入れることです。

「SMB」は「Server Message Block」の略で、Windowsで作られたLAN内でデータをやり取りするための規格です。

この2つにチェックを入れ、「完了」ボタンをクリックします。

そして、システム環境設定の画面を閉じます。

しばらくて、Finderを開くと、左のサイドメニューの「共有」に「windows_vista」と出てきます。

111228_4.jpg

「windows_vista」という名前はWindowsで設定している名前なので、人によってそれぞれだと思います。

ここで、Windowsの「Public」フォルダの中身を見ることができ、ファイルをMacにドラッグ&ドロップでコピーすることもできます。

ここで注意する点が1つあります。

ここでは「Public」フォルダ内にあるWindowsのファイルをMacにコピーすることはできるのですが、MacのファイルをここでWindowsにコピーすることはできないということです。

ですから、MacのファイルをWindowsにコピーしたい場合は、後ほど説明する「WindowsからMacのデータをとってくる方法」を使います。

この「Public」フォルダはWindowsで「コンピュータ/ローカルディスク(C:)/ユーザー/パブリック」と進むと出てきますので、Macにコピーしたいファイルはこのフォルダに入れておきます。

ファイル共有:WindowsからMacのデータをとってくる方法

さて、次はWindowsでMacのファイルをコピーする方法です。

画面左下の「スタート」ボタンを押して、「ネットワーク」を選びます。

111228_5.jpg

すると、上記のようにMacが出てくれば、それをクリックします。

すると、そのまますぐにMacにアクセスできる場合もあれば、「ユーザー名」と「パスワード」を求められる場合もあります。

「ユーザー名」と「パスワード」を求められた場合は、後ほど説明する方法で入力してください。

僕の場合、この「ネットワーク」を選んだ時に、ほとんどの場合はMacは出てきません。

以下のように「WINDOWS_VISTA」フォルダのみです。

111228_6.jpg

ちなみに、この「WINDOWS_VISTA」フォルダの中に入っていくと、Macで見える「Public」フォルダにアクセスできます。

さて、「ネットワーク」でMacが出てこないと、いつまでたってもファイル共有ができません。

そこで、別の方法でMacにアクセスします。

まず、ブラウザInternet Explorerを起動します。IE以外のブラウザではダメです。

次にMacに戻って、MacのIPアドレスをチェックします。

MacのIPアドレスを調べるには、システム環境設定で「ネットワーク」を開きます。

111228_7.jpg

上の画像のように、赤線のところにIPアドレスが表示されています。

たぶん、「192.168.xx.xx」のような番号だと思います。

MacのIPアドレスをチェックしたら、再度Windowsに戻ります。

そして、ブラウザIEのURLを入力するところで、「¥」マークを2つ入力し、それからMacのIPアドレスを入力します。

111228_8.jpg

もし、あなたのMacのIPアドレスが「192.168.3.4」なら、「¥¥192.168.3.4.」と入力します。

そして、「Enter」キー押します。

すると、次のような小窓が開き、「ユーザー名」と「パスワード」を要求されます。

111228_9.jpg

ここで、Macの「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。

ただし、僕の場合はMacとWindowsの「ユーザー名」と「パスワード」が同じせいなのか、なぜかMacの「ユーザー名」と「パスワード」をそのまま入力しても、以下のようにアラート画面で出てしまいアクセスできません。

111228_10.jpg

アラート画面の「ユーザー名」には「Windows_Vista¥Macのユーザー名」とあります。

この記述がヒントとなりました。

ここで、またMacに戻ります。

システム環境設定で「共有」を開きます。

111228_11.jpg

ここで「編集」ボタンをクリックします。

111228_12.jpg

そして、「ローカルホスト名」にWindowsからアクセスするためのMacの名前を入力します。

この名前はシンプルな方がいいと思います。

半角スペースを入れたり、大文字と小文字を織り交ぜたり、「_(アンダースコア)」を使ったりしないことをオススメします。

今回は「mac」と絶対に打ち間違いがないシンプルな名前にしました。

111228_13.jpg

「mac.local」を記述が変更しているのを確認したら、システム環境設定を閉じます。

ここで、Windowsに戻ります。

先ほどと同じように、ブラウザIEのURL欄に「¥¥192.168.xx.xx」とMacのIPアドレスを入力して「Enter」をクリックします。

そして、表示された小窓で先ほどMacの「システム環境設定/共有」で変更した「ローカルホスト名」を入力して、その後に「¥」を入力し、最後に「Macのユーザー名」を入力します。

111228_14.jpg

もしあなたの「Macのユーザー名」が「apple」なら、ここでの「ユーザー名」は「mac¥apple」となります。

パスワードは普通に入力します。

これでWindowsからMacにアクセスできるはずです。

この時点でもまだできない場合は、Windowsをシャットダウンして、Macをシステム終了して再度立ち上げて、同じ作業を繰り返してみるといいでしょう。

また、最初は共有できたのに、数日するとまたユーザー名とパスワードを求められる場合があります。

この場合、以前に通ったユーザー名では通らない場合があります。

こんな時はMacのシステム環境設定で「共有」を開き、「編集」をクリックして、別の名前をつけます。

そして、その新たにつけた名前をユーザー名として入力すれば、共有できるはずです。

デスクトップにショートカットを作る

WindowsからMacにアクセスできると、次のようにMacのフォルダがWindowsで見えるようになりますので、赤枠で囲ったコンピューターのアイコンをデスクトップにドラッグ&ドロップします。

111228_15.jpg

すると、デスクトップにファイル共有アイコンが表示されます。ショートカットの作成ですね。

111228_16.jpg

分かりやすいように、ショートカットの名前を「MAC共有」などに変更するといいでしょう。

111228_17.jpg

こうしておけば、今度、このアイコンをダブルクリックすればMacにアクセスできるようになります。

当然ですが、MacのIPアドレスが変更したら、IEのところからまた同じ作業を繰り返す必要があります。