ダンサーにオススメ!iPadで自分撮りしたい人にオススメのタブレットPCスタンド

120319_21.jpg

新iPad(2012年モデル)の目玉の1つとして、ディスプレイの画質と背面カメラの性能アップがあります。

ディスプレイは2048×1536ピクセルと大画面です。iPad2の4倍の解像度ですから。

そして、背面のiSightカメラは5メガピクセルの写真を撮影でき、動画は1080pのHD画質です。

動画は最大30フレームで手ぶれ補正もついています。

見方によっては、iPadは「大画面液晶を備えたビデオカメラ」と考えることができるような性能をもったタブレットなのです。


ビデオカメラはたくさんのメーカーから高性能なものが販売されていますが、iPadは動画を撮影した後にきれいで大きな画面で見られることが最大の特徴です。

こんなiPadなので、自分撮りしたい人も多いと思います。

たとえば、ダンスをやっている人なら自分の練習風景を撮影してすぐに見ることできます。

iPhoneやiPod touchでもできますし、画面の大きさが全く違うので、よりリアルに自分の姿を見ることができます。

そんな自分撮りする時に役に立つのがタブレットPCスタンドです。

僕はヨドバシカメラで数種類のタブレットPCスタンドを試してみたのですが、一番使い勝手がよかったのが「オウルテック タブレットPCスタンド WAVE Aluminum STAND」です。

120319_22.jpg

120319_23.jpg

まず質感がいいですね。見た目がかっこいいんです。

120319_24.jpg

重さもある程度あるので、風が強い日に外で撮影していも、iPadがぐらつくことがありません。

3本の足のうち、真ん中だけを上に上げます。

120319_25.jpg

そして、床に着いたままの2本の足と上に上げた1本の足の間にiPadをはさみます。

120319_26.jpg

これで、一人でもiPadの背面カメラを使って自分撮りできます。

120319_27.jpg

120319_28.jpg

あと、使ってみてから気づいたのですが、このタブレットPCスタンドは撮影時以外でもかなり使えるんです。

僕の買った本体カバーは細かい角度調整ができません。

でも、このタブレットPCスタンドを使うことによって、かなり細かく角度調整できるのです。

動画を見る時も、文字をタイピングする時も、そのときに一番適した角度にすることができます。

ですから、机の上で作業する時などは、iPadをこのタブレットPCスタンドに載せて使います。

iPadは角度が合わないと、映り込みが激しいので、よく見えません。

かなり角度が重要なんです。タブレットPCスタンドを使えば、それを解決できるというメリットもあります。

オウルテック タブレットPCスタンド WAVE Aluminum STAND