ガラケーからスマートフォンに変更すると月の支払いはどれくらい増えるのか?

120629.jpg

「そろそろスマートフォンに買い替えようかな・・・」と思っているガラケー(スマホ以前の普通の携帯電話)ユーザーは多いはずです。

僕もその一人です・・・(笑)

なんだか、そろそろ人前でガラケーを出すのが恥ずかしくなってきましたよね。。。

昔のポケベルみたいな(笑)

ポケベルから携帯電話の移行期間中に「えっ、まだポケベル持ってるの?」という時期が一時期ありましたよね。

携帯電話が完全に定着するちょっと前の時期です。

まさに、2012年はスマートフォンが完全に定着するちょっと前の時期だと思うんですね。

だから、そろそろガラケーを使っているのが恥ずかしくなってくる時期になります・・・。

で、先ほど、auショップに行って、詳しく聞いてきました!

一番聞きたかった「ガラケーからスマホに買えると、月々の料金はどのくらい増えるのか?」ということをです。

ガラケーの月々の料金

まずは、今使っているガラケーの月々の料金を改めて見てみようと思います。

僕はあまり携帯電話を使いません。

電話もメールもほどほどに使うという感じです。

僕はauユーザーなのですが、「プランMシンプル」という最大144分(4,252円分)の無料通話がついているコースを使っていて、このコースの月々の基本使用料が2,625円です。

でも、2年単位の継続契約で基本使用料が割引になる「誰でも割」で2,480円(毎月145円の割引)になっています。(契約期間中にサービス廃止、解約、一時休止を行うと契約解除料9,975円かかる)

それから、パケット割引定額料(ダブル定額ライト)が1,000円。

そして、携帯でネットやメールを利用するために必要な「EZ WIN」が300円。

それから、バッテリーを無料で交換できるなどのアフターサポートを受けられる「安心ケータイサポート」が300円。

最後に、加入電話などの電話サービスを全国どの世帯でも公平に安定して利用できるよう必要な費用を電話会社全体で負担する「ユニバーサルサービス料」が5円。

まとめると、

●基本使用料:2,480円
●パケット割引定額料:1,000円
●EZ WIN:300円
●安心ケータイサポート:300円
●ユニバーサルサービス料:5円
ーーーーーーーーーーーーーーー
合計:4,085円

となります。

でも、この金額は内税ではないので消費税を入れると月々の支払額は「4,289円」になります。

つまり、月5000円かからないということです。

スマートフォンの月々の料金

ガラケーと同じ「プランMシンプル」というコースを使う前提です。

●基本使用料:2,480円
●パケット定額サービス「ISフラット」:5,460円
●インターネットサービス利用料「IS netコース」:315円
●安心ケータイサポート:399円
ーーーーーーーーーーーーーーー
合計:8,654円

なんとっ!!スマホに替えると月々の支払額が8000円オーバーとなります!

しかも、スマホは端末自体が高額です!

先ほどauショップで見たきたら、どれも5〜6万円台でした。

端末は最初に一括で買うこともできますし、12〜24回の分割払いもできます。

分割払いをしても、手数料などはかからず、一括払いと金額は同じです。

ここで計算しやすいように、5万円のスマートフォンを24回払いで買うとします。

すると、月々の支払額は2083円になります。

さきほどの「8,654円」と端末分割支払額の「2,083円」を足すと「10,737円」と1万円を超えます。

しかし、端末を買うと最大24ヶ月は端末に対する割引が発生するそうです。

端末割引は一括でも分割でも発生します。

たとえば、今年5月25日に発売された「htc J ISW13HT」を買うと、毎月1260円割引されるそうです。

割引額は機種によって変わります。

先ほどの「10,737円」から端末割引料金である「1260円」を引くと「9477円」になります。1万円弱ですね。

もし、端末を一括払いで買ったなら、毎月の支払額は「7,394円」となります。

つまり、スマートフォンを持つと、毎月7,394円(一括払い)〜9,477円(24回払い)の支払いになるということです。

これは最低料金で通話料が無料通話を上回ったら、さらに支払額は増えます。

そして、デザリングを使うと、さらに月々525円増えます。

結論

ガラケーなら毎月5,000円弱の支払い。

スマホなら毎月10,000円弱の支払い。

つまり、ガラケーからスマホに乗り換えると、毎月の携帯料金が倍に増えるということです。

というわけで、携帯電話をあまり使わない僕みたいな人はスマホに乗り換えても出費が増えるわりには、その分の恩恵は受けられないというのが冷静な判断のような気がします・・・。

ガラケーからスマホに乗り換える人ってどんな人?

auショップの人に「ケータイの支払いが毎月倍になるのに、なんで皆、スマホに乗り換えるんですか?」と聞いてみたところ、「自宅にネット環境がない人が乗り換えていますね。」という答えが帰ってきました。

なるほど!ですね。

スマートフォンって「フォン(電話)」とついていますが、その実態はパソコンですからね。

パソコンが小さくなって、電話機能が追加されたと言った方が正しいと思いますね。

ですから、自宅でも小さなパソコン(スマートフォン)でネットができると考えると、ケータイ料金が倍になってもいいと考えるのも分かりますね。

でも、僕の場合、スマホを一括払いで買ったとしても、4,289円から7,394円にアップなので、月々3105円増えることになります。

24回払いなら4,289円から9,477円にアップなので、月々5,188円増えることになります。

自宅の光回線インターネットの月額料金が3,989円なので、24回払いなら光回線の方が安いです・・・。

といっても、自宅にパソコンがない人は、新たにパソコンを買うよりスマホを買った方が安いですが。

あらためて僕なりの結論

というわけで、僕なり結論を以下のように出してみました。

  • ガラケーからスマホに乗り換えすると、月々の支払いが倍になるので、外出先であまりネットを使わない人はガラケーでよくね?
  • スマホはバッテリーの持ちが悪いと言うから、ガラケーでよくね?
  • ガラケーの方が電話しやすくね?
  • 自宅にパソコンもネット環境もなく、外出先でも自宅でもネットしたい人は月額料金が倍になってもスマホ乗り換えもあり。
  • 通勤中や外出先でもFacebookとかTwitterとかネットショップなどを日常的にやりたい人はスマホ。
  • 「えっ、まだガラケー使っているの?」という目線に耐えられない人はスマホ。
  • 「友達がみんなスマホだしぃ〜」という他人に合わせる派の人はスマホ。
  • 「なんだか、いろいろと便利そうだしぃ〜」という好奇心旺盛な人はスマホ。

僕はスマホを持ったとしても、それほどスマホでネットは使わないような気がするので、他の選択肢を模索することにしてみました。

iPadやiPod touch、SIMフリーiPhoneを持っているなら

僕はiPadやiPod touch、SIMフリーiPhoneを持っています。

このすでに持っている資産を使って外出先でネットできる環境を作ることを模索してみました。

こんだけ持っているんだから、わざわざ高額なスマホを買うこともないかなと。Android端末は気になりますが・・・。

で、外出先でインターネットといえば無線LAN、つまりWi-Fiです。

そして、最近では高速回線LTEのWi-Fiがかなり安くなりました。

たとえば、イー・モバイルのPocket WiFi LTEなら月額3,880円で使えます!

LTEなら自宅のネット環境とそれほど変わらない高速なネット環境が外出先でも容易できます。

最初はスマホに乗り換えて、デザリングを使ってiPadやiPod touch、SIMフリーiPhoneで外出先でネットすることも考えたのですが、デザリングを使うと月額料金が525円増えますし、スマホのバッテリーもすぐになくなってしまうらしいんですよね。

というわけで、僕のような人の場合、ガラケーからスマホにに乗り換えるよりも、イー・モバイルのPocket WiFi LTEに契約した方がいいというのが今のところの結論です。

Wi-Fiならノートパソコンを持ち歩いて、外でノマド的にどこでも仕事もできますし。