デジカメのSDカードの選び方、静止画・動画撮影に最適なSDカードとは?

デジカメを買う時に一緒に買うSDカード。

デジカメはすごく悩んで調べて慎重に買う人でも、「SDカードはどれも同じ」とテキトーに選んでいる人は多いと思います。

しかし、SDカードがダメだとデジカメが本来持っている性能は活かされません。

そこで、デジカメのSDカードの選び方について説明したいと思います。

色々と知っておくべきことがあるんですよね。

とりあえず、一般の人が海外旅行に行く時に持っていくならサンディスクのエクストリームの32GBがオススメです。

SanDisk SDHCカード Class10 32GB SDSDX3-032G-J31A
SanDisk SDHCカード Class10 32GB SDSDX3-032G-J31A


SDカードと言えば、SanDisk(サンディスク)ですね。プロのカメラマンも使っているカードなので安心度が高いです。

「値段が安いから」という理由で選んで、せっかくの写真や動画が全部消えてしまった・・・SDカードが認識されなくなった・・・ということがないように気をつけたいですね。

【容量別】静止画の撮影枚数の目安

画素数 ファイルサイズ 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64
1000万画素 3MB 570枚 1140枚 2280枚 4560枚 9120枚 18240枚
1200万画素 3.6MB 470枚 940枚 1880枚 3760枚 7520枚 15040枚
1400万画素 4.2MB 400枚 800枚 1600枚 3200枚 6400枚 12800枚

※JPEG100%、RAW画像との圧縮率を1:10とした場合

【容量別】動画の録画時間の目安

動画の種類 2GB 4GB 8GB 16GB 32GB 64
Motion JPEG 15分 30分 1時間 2時間 4時間 8時間
フルHD動画
(高画質)
15分 30分 1時間 2時間 4時間 8時間
フルHD動画
(標準画質)
30分 1時間 2時間 4時間 8時間 16時間

※Motion JPEG:640×480画素、30fpsの場合
※フルHD動画:高画質 1920×1080 17Mbps、標準画質 1920×1080 9Mbpsの場合

パソコンへの転送速度

デジカメやデジタルビデオカメラが高性能化し、画像データや映像データも大容量になってきています。

その結果、パソコンへのデータ転送に時間がかかるようになってしまいました。

この転送速度を早めるには、高速なSDカードを選ぶ必要があります。

データの転送速度はカードに書いてあります。

SanDisk SDHC UHS-Iカード 95MB/s Extreme Proシリーズ 32GB SDSDXPA-032G-X46 (英語パッケージ)

Sandisk Extreme SDHC 32GB HD Video Class10 30MB/s x200 UHS-1対応 海外輸入パッケージ品 [PC]

SanDisk Ultra SDHCカード 32GB Class4 SDSDH-032G-J95

上から「95MB/s」「30MB/s」「15MB/s」とありますが、数字が大きいほど転送速度は早くなります。

「/s」の「s」は「second」の「s」で「秒」という意味です。

「1秒間に最大で何MB転送できるか」ということを表しています。

連写時のカードへの書き込みスピード

連写機能を使えば、動き回る子供やペット、運動会などを撮る時に便利です。

ただし、どんなにカメラ本体に優秀な連写機能がついていても、カードへの書き込みスピードが遅ければ、カメラ本体の性能を活かしきれません。

特に、一眼レフカメラを使っているなら、なるべくSanDisk(サンディスク)のSDカードを使うことをオススメします。

というのも、プロカメラマンの8割以上がSanDisk(サンディスク)のSDカードを使っているからです。

ムービーを撮る時にチェックしたいスピードクラス

ムービーを撮るなら必ずSDカードの「スピードクラス」をチェックしましょう。

「スピードクラス」とは、ビデオ撮影する時に機器側から要求される最低転送速度のことで、SDカード側と機器側の両方に設けられています。

スピードクラス

今流行のHD画質の動画を撮影するなら、クラス6以上のSDカードを選ぶようにしましょう。理想はクラス10以上です。

転送速度

転送速度

転送速度

スピードクラス 最低転送速度
CLASS 2 2MB/秒 以上
CLASS 4 4MB/秒 以上
CLASS 6 6MB/秒 以上
CLASS 10 10MB/秒 以上
UHS Speed Class 1 10MB/秒 以上

耐久性も重要

プロカメラマンの8割以上が使っているSanDisk(サンディスク)のSDカードなら耐久性も以下のように優れています。

  • 防水
    水深1メートルの海水または淡水で最大72時間の耐久性あり。
  • 耐温度
    -25度〜85度の温度で動作する耐久性あり。
  • 耐衝撃
    最大5メートルから落下しても5トントラックにひかれて壊れない。
  • 耐X線
    空港のX線検査による影響を受けません。