世界ではDJは儲かる職業、DJ Tiesto(ティエスト)の年収は52億円

DJというとひと昔は職業というよりも、音楽が好きな人が収入とか関係なく、好きなことを追い求めてやっているというイメージがありましたが、今はかなり儲かる職業になっているようですね。

日本ではまだまだDJの社会的地位は高くないのかもしれませんが、世界では億プレーヤーのDJが何人もいるようです。

メジャーリーガーと変わらないくらい稼いでいるDJもいます。

今回は世界で最も稼いでいる10人のDJを紹介します。


※日本円は1ドル80円で計算しています。

1位:DJ Tiesto(ティエスト)

年収:$65 million(52億円)
オランダのトランスミュージックのDJ、リミキサー。

In Search of Sunrise 6: Ibiza
In Search of Sunrise 6: Ibiza


In Search of Sunrise 6 – Ibiza – ティエスト

◎DJ TIESTO- POWER MIX

2位:Paul Oakenfold(ポール・オーケンフォールド)

年収:$55 million(44億円)
イギリスのプログレッシブ・ハウス、トランスミュージックのDJ、プロデューサー。

Greatest Hits & Remixes
Greatest Hits & Remixes

3位:Paul van Dyk(ポール・ヴァン・ダイク)

年収:$50 million(40億円)
ドイツのトランス、エレクトロニカ、テクノDJ、プロデューサー。

Volume: The Best of Paul Van Dyk
Volume: The Best of Paul Van Dyk

4位:John Digweed(ジョン・ディグウィード)

年収:$45 million(36億円)
イギリスのプログレッシヴ・ハウスのDJ。

Live in Cordoba
Live in Cordoba

5位:Armin Van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)

年収:$40 million(32億円)
オランダのDJ、トランスミュージック・プロデューサー。

76
76

6位:Sasha(サシャ)

年収:$40 million(32億円)
イギリスのプログレッシブ・ハウスDJ、サウンドクリエイター。

Airdrawndagger
Airdrawndagger

7位:Judge Jules(ジャッジ・ジュールス)

年収:$40 million(32億円)
イギリスのトランスミュージックのDJ、プロモーター。

Judgement Sundays: Mixed By Judge Jules
Judgement Sundays: Mixed By Judge Jules

8位:Pete Tong(ピート・トング)

年収:$30 million(24億円)
イギリスのエレクトリック、ハウスミュージックのDJ。

All Gone Pete Tong Booka Shade Ibiza 12
All Gone Pete Tong Booka Shade Ibiza 12

9位:Daft Punk(ダフト・パンク)

年収:$30 million(24億円)
フランスのハウス、フィルターハウス、エレクトロ・デュオで。

Discovery
Discovery

10位:Moby(モービー)

年収:$28 million(22億4000万円)
アメリカのテクノ、ハウス、ハードコア、ビッグビート系のミュージシャン。

18
18

11位から30位までは「Complex: The World’s 30 Richest DJs」にて。

※追伸
以下のサイトにトップ30のランキングが日本語で掲載されていますね。

2012年、収入が多い世界の金持ちDJ 年収ランキング TOP30

やっぱり、スペインのIBIZA(イビザ島)でプレイしているDJは儲かっているんですね〜。

イビザ島は一度でいいから行ってみたいですね〜。

Go! Ibiza楽園ガイド (光文社ブックス 87)
Go! Ibiza楽園ガイド (光文社ブックス 87)

CDが売れなくなったと言われて久しいですが、DJはクラブを回ってなんぼの商売なので、CDの売り上げよりもどれだけ自分の名前で客を呼べるかというところが評価のポイントになるのでしょう。

たくさん客を呼べるようになればなるほど、収入も増えていくという。

いつか、DJもフォーブスの億万長者ランキングに顔を出す日が来るかもしれません。

若い人はこれからDJになってイビザ島のクラブで回すくらいBIGなDJを目指すのも全然ありだと思いますね!

日本のサラリーマンの給料は一部の大企業を除いて下がる一方ですから。

DJの教科書 (GROOVE presents)
DJの教科書 (GROOVE presents)

PCで始めるDJ (GROOVE for begginers)
PCで始めるDJ (GROOVE for begginers)

DJがわかる・できる本 基礎知識からスキル、デビューまで
DJがわかる・できる本 基礎知識からスキル、デビューまで

ただ、みんながみんな成功しているワケではなく、あくまで金銭的な成功を納めているのはほんの一握りのDJなんでしょうね。

多くの有名ではないDJは自分の好きなことを追い求めながら、少ない収入でやりくりして、夢を追い求めているというのが現実でしょう。

中には余裕がなくて消費者金融でお金を借りてやりくりしているDJもいるんでしょうね。

どんな業界でも光があれば影がありますからね。

ただ、死ぬ前に後悔することは、「やって失敗したこと」ではなく「やりたかったけどやらなかったこと」らしいので、挑戦すること自体に意義があるようにも思います。