Apple TVで映画をレンタルしましたが・・・Apple TVの良い点と悪い点

先日、はじめてApple TVで映画をダウンロード購入してみました。

Apple TVのトップページ

上の画面はApple TVのトップページです。

トップページには今のオススメ映画が掲載されています。

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A
Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

で、僕がレンタルしたのはトム・フォードの初監督作品「シングルマン」です。

シングルマン

シングルマン コレクターズ・エディション [DVD]
シングルマン コレクターズ・エディション [DVD]

トム・フォードといえば落ちぶれつつあったGucci(グッチ)を立て直したクリエイティブ・ディレクターとして有名ですが、僕は彼がデザインする眼鏡が好きなんですよね。

トムフォードの眼鏡シングルマン

上の眼鏡は映画「シングルマン」で使われたモデルでその名も「シングルマン」という眼鏡です。

けっこういろんな眼鏡店をまわっていますが、トム・フォードのシングルマンはどこも売り切れが多いですね。

で、実際の映画の方は僕はあまり感じるものはありませんでしたが、雰囲気は確かにある映画ですね。

映像がノスタルジックできれいな感じです。

スポンサーリンク

Apple TVのレンタル価格

Apple TVでレンタルした「シングルマン」の価格は500円でした。

再生してから48時間まで有効なので、普通のレンタルビデオ店でいう2泊3日みたいな感じでしょうか。

というわけで、値段だけ見ると確実に割高ですよね。

特に、最近はTSUTAYAでは旧作1週間100円とかやっているので、余計に割高に感じます。

準旧作でも1週間380円ですからね。

Apple TVでは、ほとんどの映画が400〜500円と割高です。

Apple TVなら店舗に行く必要はない

でも、レンタルビデオ店みたいに店舗まで借りに行ったり、返却しに行ったりする必要はありません。

宅配DVDレンタルのように届くのを待ったり、ポストに返却する必要もありません。

Apple TVで映画をレンタルするとすぐにダウンロードが開始しますが、ストリーミングなのですべてのデータがダウンロードするまで待つ必要もありません。

つまり、レンタル開始したらすぐに見ることができます。

僕の部屋はauひかりですが、最初から最後まで待つことなくスムーズに見ることができました。

そして、もちろん返却作業もありません。

Apple TVの検索機能はほとんど使えない

あと、Apple TVは検索機能がほとんど使えないですね。

なぜなら、英語しか使えないからです。

なんと、日本語変換機能がないのです・・・。これはありえないですよね。。

試しに「SINGLE MAN」で検索して「シングルマン」は出てきません。

おそらく、データベースではカタカナの「シングルマン」のみで登録されているので英語だと出てこないのでしょう。。

この辺りは1日でも早く改善して欲しいですね。

ネットレンタルで検索機能が使えないって最悪ですから。。

店舗と違って、お目当ての映画が検索ですぐに見つけることができるのがネットレンタルのメリットの1つですからね。

ジャンルから探す

ジャンル「ドラマ」の映画一覧

というわけで、お目当ての映画を探す際はジャンルから探すのが一番早いです。

「ドラマ」とか「アクション」とか「邦画」といったジャンルがあるので、ここから探します。

Apple TVはまだそれほど登録されている映画が多くないので、ここからなんとか探すことができます。

Apple TVのメリット

こんな感じで今のところ店舗のTSUTAYAなどの比べて優位性は感じられないApple TVですが、それでもメリットはいくつかあると感じました。

まず、夜とかに急に映画が見たくなる時ってありますよね。酒でも飲みながら。

そんな時に近所のレンタルビデオ店まで行くのって面倒くさいですよね。

でも、Apple TVなら自宅が小さなレンタルビデオ店みたいなものなので、自宅から一歩も外で出ることなく映画をレンタルできます。

これはすごいメリットだと思いますね。

まだまだ映画の数は少ないですが、話題の新作はけっこうありますからね。

あとは、友達とか彼女が来た時に、「映画でも見たいね・・・」みたいな雰囲気になった時に、すぐに見ることができます。

「うちで話題の新作でも見ない?」みたいな感じで誘うこともできますね。

このように、急に映画を見る場面ではかなり有効ですね。

あとは、店舗のレンタルビデオ店でレンタル中の新作などでも、Apple TVならレンタルできるというメリットがあります。

なぜなら、Apple TVはダウンロードなので、「レンタル中」という概念自体が存在しません。

先日、TSUTAYAで三谷幸喜監督の「ステキな金縛り」をレンタルしようと思ったら、全部レンタル中だったんですよね。

「せっかく、借りに来たのに・・・」とガッカリしましたが、帰宅してからApple TVをチェックしたらあったんです。

ステキな金縛り

TSUTAYAだと準新作で1週間380円ですが、Apple TVだと48時間で500円です。

ちょっと割高ですが、それでも店舗まで出向いて全部がレンタル中だった時のショックを考えると、安いと考えることもできますね。

というわけで、Apple TVはまだまだ至らないとこもたくさんありますが、メリットもやっぱり大きいと感じています。

あとは、金額が300円くらいになって、レンタルできる映画がもっと増えてくれればいいのですが、これは今後に期待ですね。

8800円で自宅が映画館みたいになることを考えると、けっこう安い投資ですよね。

と思ったのですが、だったらHulu(フールー)の方がいいかもしれませんね。

Hulu(フールー)は月額980円なのでApple TVで月2本見るならほぼ同じ金額です。

でも、Hulu(フールー)の方が観られる映画数は多いですからね。スマホでも観られますし。何かと機能も高機能そうだし。

Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A
Apple ハイビジョン対応 Apple TV MD199J/A

アップル:Apple TV