iPhoneの月額料金を下げるために「auひかり」にキャッシュバックで乗り換えました!

今年9月にauのiPhone 5を購入して、10月から自宅のインターネット固定回線を「NTTフレッツ光」から「auひかり」に乗り換えました。

というのも、「auひかり」にすると「auスマートバリュー」が適用され、iPhoneの月額料金が1,480円も安くなるからです。(実際は毎月954円安くなるのですが、それについては後述します。)

iPhone 5

どうせなら、こっちの方が得なので「auひかり」乗り換えたのですが、どうせ乗り換えるならキャッシュバックキャンペーンも使おうと思い、普通に乗り換えるのではなくキャッシュバックキャンペーンをやっている代理店経由で乗り換えました。

その体験談をここに記しておこうと思います!

iPhone 5の月額料金っていくらなの?

まず、最初にiPhone 5の月額料金についてまとめます。

iPhone 5を使うと、毎月以下の料金がかかります。

  • 基本使用料「LTEプラン」:月額980円
  • パケット定額サービス「LTEフラット」:月額5,985円
  • プロバイダーサービス「LTE NET」:月額315円
  • テザリング利用料:月額525円

合計で月額7,805円です。高いですね〜。。。

でも、最初の2年間は「LTEフラット」が525円割引され、「テザリング利用料」は無料になります。

つまり、最初の2年間の毎月の料金は以下のようになります。

  • 基本使用料「LTEプラン」:月額980円
  • パケット定額サービス「LTEフラット」:月額5,460円
  • プロバイダーサービス「LTE NET」:月額315円
  • テザリング利用料:月額0円

合計で月額6,755円です。

もちろん、これに「通話料」と「端末(iPhone5)の分割払い代金」が追加されます。

パケット定額サービス「LTEフラット」には無料通話分がないので、通話料もバカになりません。

通話を全く使わなかったら、最初の2年間の月額料金は6,755円+端末(iPhone5)の分割払い代金ということですね。(auからの機種変更の場合)

僕の場合は、「auの機種変更」で「64GBのiPhone5」を「24回分割払い」なので、月の端末の分割代金は1,250円です。

つまり、通話料以外では月額8,005円かかるということです。

で、僕はもっと月額料金を下げたかったので、自宅のインターネット固定回線を「NTTフレッツ光」から「auひかり」に変更し、「auスマートバリュー」を適用したのです。

「auひかり」と「auスマートバリュー」で月額954円安くできる!

僕が以前から使っていたインターネット固定回線「NTTフレッツ光」の月額料金は3,990円でした。

「auひかり」も月額料金は3,990円で変わりません。

しかし、「auスマートバリュー」を適用するには固定電話回線を契約しなくてはいけません。

固定電話回線は月額525円です。契約だけでして利用しなくてもOKです。実際、僕は現状では固定電話は利用していません。

すると、「auひかり」の月額料金3,990円と「固定電話回線」の525円で合計4,515円になります。

「NTTフレッツ光」を使っていた頃からみると、固定電話回線の分だけ支払額が増えています。

しかし、「auスマートバリュー」が適用され、月額1,480円割引されるので、結局3,035円になります。

つまり、「NTTフレッツ光」を使っていた頃から比べると、月額955円も安くなるのです。

年間だと11,460円節約できます!

これはインターネット固定回線が割引されているように見えるかもしれませんが、「auスマートバリュー」はauのスマホ利用者の割引プランなので見方によってはiPhoneの月額料金が955円安くなったと見ることもできます。

もし、「auスマートバリュー」を適用させなければ、僕の場合、以下のような毎月の通信料金が発生します。

  • インターネット固定回線:月額3,990円
  • iPhone5の月額料金:月額8,005円
  • iPhone5の通話料:話した分

最低でも毎月の通信料金は11,995円です。これに通話料が追加されます。

しかし、「auスマートバリュー」を適用させた後は毎月の通信料金は以下のようになります。

  • インターネット固定回線:月額3,990円
  • iPhone5の月額料金:月額8,005円
  • auスマートバリュー割引:月額 ー955円
  • iPhone5の通話料:話した分

11,040円+通話料です。

月にするとたった955円と思われるかもしれませんが、スマホは基本的に2年しばりなので、2年というスパンで考えると22,920円も割引できるんですね。

というわけで、「auひかり」に乗り換え、白い大きなモデムを使っています。

auひかりのモデム

「auひかり」の乗り換えキャッシュバックキャンペーン

さて、ここからは「auひかり」の乗り換えキャッシュバックキャンペーンのお話です。

インターネット回線のキャッシュバックってありがちですが、使うことがないであろう余計なオプションに申し込まないとダメとかあって、けっこうウザかったりするんですよね。

今回もいくつかキャッシュバックやっている代理店があったのですが、多くがオプション加入が条件でした。

しかし、KDDI販売代理店ンいよっては余計なオプションを申し込む必要なくキャッシュバックが受けられることもあるようです。

僕はマンション住まいなので、5000円のキャッシュバックでした。

さらに、プロバイダをBIGLOBE(ビッグローブ)かso-net(ソネット)を選べば追加で5000円キャッシュということだったので、BIGLOBE(ビッグローブ)を選んで合計で1万円のキャッシュバックを受けました。

さらに、最初の1ヶ月目は固定回線料金が無料というサービスも受けました。

僕が申し込んだのが9月14日で、申し込み後に電話で10月1日から「auひかり」を使えるようになりたいと伝えたところ、迅速に対応してくれました。

実際も今の快適に自宅でネットできています。

「NTTフレッツ光」と「auひかり」ではどっちが速度が早いのか?

僕が「NTTフレッツ光」から「auひかり」に乗り換えるにあたり、1つだけ心配していたことがあります。

それは速度です。

そこで、Speedtest.netで「NTTフレッツ光」と「auひかり」の速度を計って比べてみました。

9月末まで「NTTフレッツ光」を利用していたので、まずは「NTTフレッツ光」の速度です。

ちなみに、「PING」は反応速度のことで数値は小さい方がいです。
「DOWN」はダウンロード速度、「UP」がアップロード速度です。こちらは数値が大きい方が速度が早いということです。

・9/14(Fri) 14:32
PING: 21
DOWN: 56.69
UP: 20.00

・9/15(Sat) 8:15
PING: 20
DOWN: 74.06
UP: 16.83

・9/15(Sat) 23:45
PING: 20
DOWN: 61.50
UP: 17.13

・9/20(Thu) 14:35
PING: 19
DOWN: 58.38
UP: 20.83

10月に入り、今度は「auひかり」に乗り換えました。

・10/1(Mon) 13:35
PING: 28
DOWN: 65.01
UP: 24.17

・10/2(Tue) 10:30
PING: 30
DOWN: 62.61
UP: 24.54

・10/2(Tue) 23:38
PING: 26
DOWN: 69.28
UP: 26.02

・10/5(Fri) 0:24
PING: 26
DOWN: 57.95
UP: 25.90

・10/11(Thu) 10:38
PING: 25
DOWN: 63.67
UP: 27.80

とまぁ、ほとんど変わらないですね。

計測する時間帯のネットの混み具合にも影響されてしまいますし。

実際、Apple TVで映画をダウンロードでレンタルした際も全くストレスなく観ることができました。