WordPressのバックアップをSugarSyncにとるプラグイン「BackWPup」の使い方

WordPressのバックアップをSugarSyncにとるプラグイン「BackWPup」

WordPressのデータベースもファイルも自動的にバックアップする「BackWPup」』の続きです。

まずは、プラグイン「BackWPup」をインストールして、有効化しましょう。

有効化が終わると、左メニューに「BackWPup」のメニューが表示されます。

BackWPup

ここからはオンラインストレージ「SugarSync」にバックアップする方法を説明しますが、同一サーバー内のフォルダでも他のオンラインストレージでも同様の手順でやれば設定できます。

Settings

最初に、左メニューの「Settings」をクリック。

Settings

ここはそのままでOKですが、もしブラウザ上部のadmin barに「BackWPup」のタブリンクを表示させたくない場合は、「General」の「Show BackWPup links in admin bar.」のチェックを外しましょう。

「General」以外のタブはデフォルトのままでOKです。

Add New Job

次に、左メニューの「Add New Job」をクリック。

ここでバックアップの設定をします。

(1)「General」タブ

「General」タブ

◎Job Name:この作業の名前。任意の名前でOK。(当サイトの場合は「My Backup」)

◎Job Tasks:作業項目
・Database backup:データベースをバックアップ
・File backup:ファイルをバックアップ
・WordPress XML export:WordPressに関するデータをXMLフォーマットで出力
・Installed plugins list:インストールしたプラグインのリスト
・Optimize database tables:データベースを最適化する
・Check database tables:データベースをチェックする

◎Backup File Creation:バックアップデータのファイル名とフォーマット
・Archive name:ファイル名。そのままでOK。
・Archive Format:バックアップデータのフォーマット。そのままでOK。

◎Job Destination:バックアップする場所
当サイトの場合はオンラインストレージ「SugarSync」にバックアップするので「Backup to SugarSync」にチェック。

なぜ、バックアップ先をオンラインストレージにするかというと、WordPressをインストールしたサーバーに障害があった場合でも、オンラインストレージなら別サーバーなので被害を被ることがないから。

◎Log Files:バックアップ作業をしている間にエラーが起きた時にメールするかどうかの設定。

ここまで設定したら「Save Chages」ボタンをクリック。

(2)「Schedule」タブ

「Schedule」タブ

◎manually only:手動バックアップ

◎with WordPress cron:日時指定して自動バックアップ

◎with a link http://….:指定したページにアクセスがあったらバックアップ

「with WordPress cron」にチェックを入れて、バックアップする日時を指定。

ここまで設定したら「Save Chages」ボタンをクリック。

(3)「To: SugarSync」タブ

「To: SugarSync」タブ

オンラインストレージ「SugarSync」に登録したメールアドレスとパスワードを入力し、「Sugarsync authenticate!」ボタンをクリック。

◎Backup settings:バックアップ設定
・Folder in root:SugarSync内でバックアップデータを入れるフォルダ名。当サイトの場合は「BackWPup/domainname.com/」にしています。(domainname.comは自分のサイトのドメインを指定)
・File Deletion:最新のバックアップから何個までを残すか。

これでバックアップ設定は完了です。他のタブ項目はデフォルト設定のままでOKです。

「Run now」をクリックすると、すぐにバックアップをし始めます。

バックアップが終わってから、「SugarSync」にログインして、ちゃんとバックアップされているかどうか確認しましょう。

SugarSync

「ダウンロード」ボタンをクリックすると、拡張子「tar.gz」の圧縮ファイルがパソコンにダウンロードされるので、ダブルクリックして解凍します。

解凍したフォルダの中には以下のようにルート以下のファイルが全て入っています。

ダウンロードしたファイル

もし、サーバー障害が起きて、データが全て消去されてしまったら、このファイルをFTPでアップロードしなおせば、復旧できるはずです。(試してないので分からないです。。)

WordPressサーバー移行の忘備録、さくらサーバーからクローバーへが参考になるかもしれません。