バリューサーバーでwwwありとなしで同じサイトを表示させる方法

バリューサーバーってデフォルトでは「wwwなし」でサイトが表示されて、「wwwあり」だとサイトが何も表示されないんですよね。。

「wwwなし」だと以下のように、アップしたファイルの内容が表示されます。

でも、「wwwあり」だと以下のように、「ドメインウェブの設定が見つかりません」と出てしまいます。

サイトを運営していると、「wwwあり」でも「wwwなし」でも同じサイトを表示させたい時があります。

他サイトから「wwwあり」にリンクをたくさんもらっている場合とか。

ワードプレスでも安定性が高いエックスサーバーMixHostならデフォルトで「wwwあり」でも「wwwなし」でも同じサイトが表示されるんですけどね。

スポンサーリンク

バリューサーバーのドメインウェブで「wwwあり」と「wwwなし」のドメインを設定

まずは、バリューサーバーにログインして、左側のメニュー「ドメインウェブ」をクリック。

そして、「wwwあり」と「wwwなし」のドメインを2つ登録します。

上の例では「aaa.com」と「www.aaa.com」を登録しています。

バリューサーバーで「wwwあり」と「wwwなし」を同期設定

次に、「aaa.com」と「www.aaa.com」を同期させます。

左側のメニュー「同期設定」をクリック。

そして、「ドメイン設定(同期元/オリジナル)」に「aaa.com」を選択し、「ドメイン設定(同期先/エイリアス)」に「www.aaa.com」を選択して、「同期させる」ボタンをクリック。

これで同期完成です。

たぶん、10分くらいで同期すると思います。

同期したら「wwwあり」でも「wwwなし」でも同じサイトが表示されるようになります。

FTPソフトで同期を確認

同期設定が完了すると、FTPソフトで見ると2つのフォルダが表示されます。

上のFTPソフトでは「ドメイン設定(同期元/オリジナル)」に「wwwあり」、「ドメイン設定(同期先/エイリアス)」に「wwwなし」を選択した結果です。

同期先の「wwwなし」のフォルダがエイリアス表示されています。

ためしに、「wwwなし」のフォルダをダブルクリックすると、自動的に「wwwあり」の方へ飛びます。

ちなみに、同期したフォルダはどちらにファイルをアップロードしても同期します。

wwwなし」に新しいファイルをアップロードしても、自動的に「wwwあり」の方にもアップロードされます。

もちろん、「wwwあり」の方にアップロードしてもOKです。

以上がバリューサーバーでwwwありとなしで同じサイトを表示させる方法です。

この方法の他にも、「wwwあり」から「wwwなし」へ、もしくは「wwwなし」から「wwwあり」へリダイレクトするという方法もあります。