ヘテムル(heteml)でPHPのバージョンを7にアップしてワードプレスの動作をサクサクさせる

ワードプレスはサーバーにかかる負担が通常のHTMLサイトよりも大きいので、表示がもたつくことがあります。

でも、PHPのバージョンを「7」にアップすることで、サイト表示スピードが早くできます。

最近のレンタルサーバーはPHPのバージョンが「7」に対応してきているので、ワードプレスを使っているなら、PHPのバージョンを5.xxから7.xxに変更することでサイトのもたつきを解消することができるかもしれません。

ただし、ヘテムル(heteml)の場合、他サーバーのように管理画面から簡単にPHPのバージョンを変更することができません。

たとえば、エックスサーバーなら、上記のように管理画面で簡単にPHPのバージョン変更できます。

WPがサクサク動くと好評なミックスホストでも、cPanelにログインして「MultiPHP マネージャー」で簡単にPHPのバージョン変更ができます。

でも、ヘテムル(heteml)では、管理画面でPHPのバージョンを変更できるメニューがないのです。。

「php.ini 設定」というメニューがありますが、これは全くの別物です。

では、「ヘテムル(heteml)」でPHPのバージョンを変更するにはどうすればいいのか?

それは、「.htaccess」を編集することによって可能です。

FTPソフトを立ち上げて、「.htaccess」を編集できる状態にします。

ワードプレスをインストールすると、「.htaccess」に以下の文言が入ります。

# BEGIN WordPress

RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

# END WordPress

この上に「AddHandler php5.6-script .php」という記述がありますが、ここがPHPのバージョン設定です。

現状では、PHPのバージョンは「5.6」です。

これを上記のように「7.0」に変更します。

「AddHandler php7.0-script .php」

これで、ヘテムル(heteml)で設定したドメインのPHPのバージョンが「7.0」になります。

ヘテムル(heteml)の場合、現状では管理画面では変更できないようですが、「.htaccess」を編集するだけで、サクッとバージョン変更できます。

ヘテムル(heteml)に限らず、PHPのバージョンを「7.0」にすると、対応していないプラグインのエラーが表示されることがあります。

これが出ると、記事の本文も表示されなくなります。

そのため、そのプラグインを停止する必要があります。

更新していないプラグインなどは、php7.0に対応していないものがあるので、ちゃんと更新しているプラグインだけを使うといいです。

これで、ヘテムル(heteml)でも、以前よりもワードプレスがサクサクと動くはずです。