コアサーバーでwwwなしからwwwありにリダイレクトする方法

コアサーバーに限らずバリューサーバーやXREAといった「旧デジロック・現GMO系」のレンタルサーバーではwwwありとwwwなしでは別のサイトを表示させることができます。

これって便利というか、むしろややこしい仕様と思うのは、私だけでしょうか・・・。

たとえば、

aaa.com
www.aaa.com

では別のサイトを表示できるのです。

でも、それってちょっと変ですよね。

できれば同じサイトを表示させたいものです。

ワードプレスがサクサク動くエックスサーバーMixHostとかではデフォルトでどっちも同じ内容が表示されますからね!

というわけで、コアサーバーやバリューサーバーで

aaa.com

から

www.aaa.com

にリダイレクトする方法を解説したいと思います。

リダイレクトとは

aaa.com

にユーザーがやってきたら、

www.aaa.com

に自動的に飛ばすことです。

コアサーバーでwwwありとwwwなしを登録

まずはコアサーバーの管理画面にログインして、「ドメインウェブ」で「wwwあり」と「wwwなし」のドメインを入力して、「ドメイン設定」ボタンをクリック。

リダイレクトするのは「リダイレクト先」と「リダイレクト元」の2つのドメインを設定する必要があるとうことです。

.htaccessにリダイレクトのソースコードを書く

.htaccessには以下のように書きます。

ローカルでは「htaccess.txt」というファイル名で編集して、FTPでアップロードしたら「.htaccess」とリネームすればOKです。

リダイレクトのソースコードは以下の通りです。

赤字の部分を自分のドメインに書き直して下さい。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^aaa\.com
RewriteRule (.*) http://www.aaa.com/$1 [R=301,L]

上の例では「aaa.com」から「www.aaa.com」にリダイレクトするという意味です。

逆に、「www.aaa.com」から「aaa.com」にリダイレクトする場合は以下のように書きます。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.aaa\.com
RewriteRule ^(.*) http://aaa.com/$1 [R=301,L]

リダイレクトのソースは以下のサイトの「WWW あり・なし統一」でも簡単に作れて便利です。

.htaccess ファイルを簡単作成「.htaccess Editor」

FTPソフトで「wwwなし」に.htaccessをアップロード

FTPソフトを見ると、「wwwあり」と「wwwなし」のドメインがあります。

リダイレクト先である「wwwあり」にはHTMLファイルなどのコンテンツをアップして、リダイレクト元である「wwwなし」には「.htaccess」ファイルをアップロードします。

これで、「wwwなし」にアクセスが来ても、「wwwあり」にリダイレクトされます。

それにしても、管理画面からできる「同期設定(エイリアス)」とどっちがいいのでしょうか??