コアサーバーにワードプレスをインストールする方法・手順

コアサーバー(CORESERVER)って確か数年前まではワードプレスの自動インストール機能がなかったはずなんですが、今は普通にあります。

でも、意外と知られていないようなので、今回はコアサーバー(CORESERVER)にワードプレスをインストールする方法と手順について書きたいと思います。

スポンサーリンク

コアサーバーにワードプレスをインストールする方法・手順

コアサーバーのトップページ右上の「ユーザーログイン」ボタンをクリックすると、バリュードメインのコアサーバーのページに飛びます。

ここで「サーバー設定」をクリック。

「入室」ボタンをクリック。

まずは、ワードプレス(WordPress)用のデータベースを作ります。

左メニューで「データベース」をクリック。

ワードプレスは「MySQL」のデータベースを使います。

チェックボックスにチェックを入れて、一つ目のテキストボックスに「DB/ユーザー名」を入力します。

たとえば、アンダースコアの前が「web」で「テキストボックス」に「wp1」と入力したら、「DB/ユーザー名」は「web_wp1」になります。

その後、「パスワード」を入力し、「文字コード」を「EUC_JP」から「UNICODE」に変更します。

最後に「作成」ボタンをクリック。

これで、データベース(MySQL)が作成されました。

データベース作成が反映されるまで3分ほど待ちます。

左メニューで「CGIインストール」をクリックします。

このページでWordPressが自動インストールできます。

デフォルトでは、「設置場所・パス」のテキストエリアに「wordpress」と書いてありますが、ここはドメイン名を入力します。

たとえば、アナタのドメインが「example.com」ならテキストエリアに「example.com」を入力します。

日本語ドメインならピュニコードを入力します。

そして、「インストール」ボタンをクリック。

インストールには1〜3分ほどかかるので、FTPソフトを立ち上げて、ワードプレス(WordPress)がインストールされているかチェックしましょう。

FTPソフトを見ると、無事ワードプレス(WordPress)がインストールされています。

さっそく、ブラウザで設定したドメインのトップページを開くと、こんなページが表示されます。

「設定ファイルを作成する」ボタンをクリック。

「さあ、始めましょう!」ボタンをクリック。

データベースを作った時の情報を入力するのですが、今回の場合は、「データベース名」と「ユーザー名」は同じです。

たとえば、データベースを作るときに「DB/ユーザー名」を「web_wp1」としたなら、このページの「データベース名」と「ユーザー名」は「web_wp1」になります。

そして、データベースを作った時に入力した「パスワード」を入力します。

もし、忘れてしまった場合は、コアサーバー管理画面のデータベースページに戻ると確認できます。

ここで「確認」ボタンをクリックします。

小窓で「DB名」と「DBユーザー名」「パスワード」が表示されます。

この情報を入力します。

最後に「送信」ボタンをクリック。

「インストール実行」をクリック。

「サイト名」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力して、「WordPressをインストール」ボタンをクリック。

ちなみに、ここで入力した情報はあとでワードプレス管理画面で変更できます。

インストールが成功しました。

コアサーバー(CORESERVER)でもけっこう簡単にワードプレスをインストールできます。