ステップサーバーではワードプレスをドメイン直下にインストールできないけど解決策はある。

2019年時点の今はどうなのか分かりませんが、数年前にステップサーバーにワードプレスをインストールしようとしたら、ドメイン直下にインストールできませんでした。。

説明するよりも、当時のステップサーバーの管理画面を見てもらった方が分かりやすいと思うので、キャプチャを載せながら説明します。

WPとの相性が良くてサクサク動くMixHostエックスサーバーなら当然ですが、ドメイン直下にインストールできます。

ワードプレスを自動インストール

ステップサーバーの管理画面にログインすると、左メニューの「ワンステップCGI」に「WordPress」とありますので、これをクリックします。

赤い矢印の部分を見て欲しいのですが、デフォルトで「wordpress」と入っています。

たとえば、「http://www.example.com」というドメインの場合、

「http://www.example.com/wordpress/」

がワードプレスで作るサイトのトップページになるということです。

でも、多くの人は

「http://www.example.com」

をトップページにしたいですよね?

で、デフォルトで「wordpress」と入っている部分を空白にして「インストール」ボタンをクリックすると、「インストール先ディレクトリが既に存在します。インストールを中止しました。」というアラートが出て、ワードプレスがインストールできません。

そこで、ステップサーバーに問い合わせてみると、通常の自動インストールではトップページにインストールできないそうです、、、

「ええ〜あり得ない、、、そんなこと申込みページに書いてないし(涙)」と思ってしまいました。。

でも、トップページにインストールする方法もあるそうです。

ステップサーバーでワードプレスをトップページにインストールする方法

以下はメールでやり方を教えてもらった際のものです。

#
(1)WordPress管理画面の設定の一般設定より、「サブアドレス(URL)」を変更。
 http://ドメイン名/ にする。

②FTPから、WordPressディレクトリ直下にある「index.php」をドメインのルート直下(HP設置ディレクトリ)にコピー。
 ※移動ではなくコピー。

③ルート直下に置いた「index.php」を編集。
 require(‘./wp-blog-header.php’); といった一行を
 require(‘./wordpress/wp-blog-header.php’); に変更し保存。

または、
 require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wp-blog-header.php’ );
といった一行を
 require( dirname( __FILE__ ) . ‘/wordpress/wp-blog-header.php’ );
に変更し保存。

#

敷居が高いですね。。

私は職業柄、やろうと思えばこの程度のことはできますが、一般の人にはちょっと難しいのではないでしょうか?

なんで、こんな仕様にしているんだろう?

ドメインのトップページにワードプレスを簡単にインストールできないなんて、あり得ない仕様だと思います。

WordPressを使うサーバーなら、個人的にはMixHostエックスサーバーがオススメです。