ロリポップからエックスサーバーにワードプレスを移転・移行する手順

先日、当サイトでも使っているエックスサーバーのHPを見ていたんですが、ワードプレスの移転方法が私とはちょっと違っていました。

私が先日やったのはこの方法。

ワードプレスのドメインを変更して、データーベースやサーバーも移転する手順・方法
ワードプレス(WordPress)のドメインを変更するとなると、ワードプレスはデータベースが絡んでいるので、通常のHTMLサイトに比べるとだいぶハードルが上がります。 でも、何らかの理由があってどうしてもドメイン変更しなくてはいけない...

でも、今回、私がHPで見たのは以下の方法。

WordPress移転(移行)手順 | レンタルサーバー【エックスサーバー】

違いは主に2つ。

  1. 移転先のサーバーに新規でワードプレスをインストールしない
  2. ネームサーバーを変える前にhostで確認

上の方法でワードプレスの移転を試してみたいと思います。

今回はドメイン変更はなしで、サーバーの移行だけの作業となります。

スポンサーリンク

全体の流れ

まずは、全体の流れをざっくりチェックします。

  1. FTPで移転元サーバーのファイルをローカルへバックアップを取る。
  2. 移転元サーバーでphpMyAdminにログインし、データベースをエクスポート。
  3. 移転先サーバーでドメインを追加。
  4. 移転先サーバーでMySQLデーターベースを作成。
  5. 移転元サーバーでダウンロードした「wp-config.php」を移転先サーバー用に編集。
  6. 移転先サーバーでphpMyAdminにログインし、データベースをインポート。
  7. 移転元サーバーでバックアップをとったファイルを移転先サーバーにFTPでアップロード。
  8. パソコン内の「host」ファイルを編集して、移転先サーバーでの動作確認。
  9. ネームサーバーを移転先サーバーのものに変更。

今回は移転元サーバーが「ロリポップ レンタルサーバー」で、移転先サーバーが「エックスサーバー」です!

1)FTPで移転元サーバーのファイルをローカルへバックアップ

まずは、FTPソフトで移転元サーバーのデータをローカルにダウンロードします。

ローカル(パソコン上)でフォルダを作って、その中に全部ファイルをダウンロードするとよいです。

2)移転元サーバーでphpMyAdminにログインし、データベースをエクスポート

次に、移転元サーバーでワードプレスが参照しているデーターベースをエクスポートします。

今回の移転元サーバーある「ロリポップ レンタルサーバー」の管理画面にログインして、左側のメニュー「WEBツール – データーベース」と選んで・・・

「データーベース」ページを開きます。

現在、使っているデーターベースが4つありますが、これからサーバー移転する予定のドメインがどのデーターベースを使っているのか、このページを見ただけでは分かりません。

そこで、「wp-config.php」ファイルを開いてチェックします。

ここで、データーベース名をコピー。

そして、先ほどの「データーベース」ページで、そのデーターベース名を検索。

これで、どのデーターベースを使っているのか判別が付くはずです。

そしたら「操作する」ボタンをクリック。

「phpMyAdminを開く」ボタンをクリック。

「ユーザー名」「パスワード」「サーバーの選択」も先程の「wp-config.php」ファイルに書いてあるので、それを入力して「実行」ボタンをクリック。

phpMyAdminにログインできました。

左側のメニューで、このドメインで使っているデーターベース名をクリックします。

「エクスポート」ボタンをクリック。

「詳細 – 可能なオプションをすべて表示」の方にチェックを入れます。

「DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドを追加する」にだけチェックを入れて、「実行」ボタンをクリック。

ページがたくさんあったり、画像をたくさん使っている場合は、パソコンがフリーズしたかと思うような感じでちょっと待ちます。

データーベースのダウンロードが開始されるまで、何もせずにそのまま待ちましょう。

拡張子が「.sql」のデーターベースファイルがダウンロードされました。

これで、移転元サーバーのワードプレスのデーターベースファイルのダウンロードは完了です。

3)移転先サーバーでドメインを追加

ここからは、移転先サーバーの「エックスサーバー」の作業になります。

管理画面にログインして、まずはドメインを追加します。

4)移転先サーバーでMySQLデーターベースを作成

「エックスサーバー」で新規でMySQLデーターベースを作成します。

MySQLデーターベースの作成はやったことがない人からすると、ハードル高いイメージがあるかと思いますが、やってみると意外と簡単です。

MySQLデーターベースを作る手順は3つだけ。

  1. MySQLを作る
  2. MySQLユーザーを作る
  3. MySQLのアクセス所有権にMySQLユーザーを紐付ける

実際にやってみます。

管理画面トップページで、「MySQL設定」をクリック。

「MySQL追加」タブをクリック。

「MySQLデーターベース名」を入力して、「MySQLの追加(確認)」ボタンをクリック。

これで、1番目の「MySQLを作る」が完了です。

「MySQLデーターベース名」は後で使うので、テキストファイルにメモっておきましょう。

次は2番目の「MySQLユーザーを作る」です。

「MySQLユーザー追加」タブをクリック。

「MySQLユーザーID」と「パスワード」を入力して、「MySQLユーザーの追加(確認)」ボタンをクリック。

これで2番目の「MySQLユーザーを作る」は完了したので、「MySQLユーザーID」と「パスワード」をテキストファイルにメモっておきましょう。

3番目の「MySQLのアクセス所有権にMySQLユーザーを紐付ける」です。

現在、追加したMySQLデーターベースの「アクセス権所有ユーザ」は「ユーザーはいません」になっています。

なので、ユーザーを追加してあげる必要があります。

「アクセス権未所有ユーザ」で先程作った「MySQLユーザーID」を選択して、「追加」ボタンをクリック。

これで3番目も完了。

最後に、テキストファイルに「ホスト名」をメモっておきましょう。

テキストファイルにメモった項目は次に使います。

5)移転元サーバーでダウンロードした「wp-config.php」を移転先サーバー用に編集

移転元サーバー(今回の場合はロリポップ)からダウンロードした「wp-config.php」を編集します。

今さっきエックスサーバーで作ったMySQLデーターベース情報を入力します。

これでワードプレスは移転元サーバー(今回の場合はロリポップ)ではなく、移転先サーバー(今回の場合はエックスサーバー)のMySQLデーターベースを参照するようになります。

6)移転先サーバーでphpMyAdminにログインし、データベースをインポート

先程、エックスサーバーで作ったMySQLデーターベースは空です。

そのため、ここに移転元サーバーからダウンロードしたデーターベースファイル(拡張子が.sqlのファイル)を読み込む必要があります。

エックスサーバーの管理画面にログインして、「phpmyadmin」をクリック。

先程作った「MySQLユーザーID」と「パスワード」を入力してログイン。

「phpMyAdmin」にログインしたら、左側のデーターベース名をクリック。

「インポート」タブをクリック。

「ファイルを選択」をクリックして、移転元サーバーでダウンロードしたデーターベースファイル(拡張子が.sqlのファイル)を選んで、「実行」ボタンをクリック。

しばらく待つと・・・

データーベースが読み込まれました。

これで、空だったデーターベースに、移転元サーバーのデーターベース情報が読み込まれました。

7)移転元サーバーでバックアップをとったファイルを移転先サーバーにFTPでアップロード

最初に移転元サーバーからローカルにバックアップしたファイル一覧を、移転先サーバーにFTPでアップロードします。

これで、ネームサーバーを移転先サーバーのものに変更すれば、数時間後にワードプレスのサーバー移転が完了するのですが、もし、何かしらのトラブルがあった場合のために、自分のパソコンの中で正常にサーバー移転が行われているかチェックします。

8)パソコン内の「host」ファイルを編集して、移転先サーバーでの動作確認

パソコン内の「host」ファイルを編集して、移転先サーバーでの一般公開前の動作確認は、以下のページを参考にしました。

動作確認について:hostsファイルを編集して確認する方法

私はMACユーザーなので、「Macの設定方法」を参考にしました。

やることは、以下の3つ。

  1. 移転先サーバーのIPアドレス
  2. hostファイルにアクセス
  3. hostファイルにIPアドレスとドメインを入力

移転先サーバーのエックスサーバーの「IPアドレス」を知るには、管理画面で「サーバー情報」をクリックします。

「IPアドレス」をコピーします。

MACの場合、hostファイルにアクセスするには、ブラウザで「/etc/hosts/」と入力すれば、アクセスできます。

hostファイルをデスクトップにコピーしてから編集します。

【IPアドレス】【半角スペース】【ドメイン名】と一番下に追加します。

保存したら、「/etc/hosts/」内にあるhostファイルを上書きします。

すると、自分のパソコン内だけで、サーバー移転が正常にできたか確認できます。

確認しやすいように、ワードプレスの管理画面の「テーマ編集」で「footer.php」に「xserver」などと文字を追加してみるといいです。

自分のパソコンで見ると、その「xserver」という文字が表示されますが、他のパソコンで見ると、移転元サーバーの情報が表示されます。

正常にサーバー移転ができたことを確認できたら、先程のhostファイルで追加した【IPアドレス】【半角スペース】【ドメイン名】を削除します。

9)ネームサーバーを移転先サーバーのものに変更

移転先サーバーの情報を一般公開するために、ネームサーバーを変更します。

ドメインを取得した会社でネームサーバーを移転先サーバーのものに変更すれば完了です。

通常は数時間、長くても2日くらいでネームサーバーの移行が完了します。

ワードプレスのサーバー移転は、やることが多くてけっこう大変ですね…。

私も改めて記事にまとめみて、長くて疲れちゃいました・・・。

やらないに越したことはないので、ワードプレスでサイト運営する時は、最初から適正なサーバーを選んだ方がいいと思います。

私の体験上、2019年時点ではMixHost(ミックスホスト)エックスサーバーがWPサイトに向いていると感じています。