「wwwあり」から「wwwなし」に飛ばすhtaccessの301リダイレクト設定方法

今回はサーバーに関するお話ではなく、ドメインについて書きたいと思います。

ウェブサイトを運営していて、アクセス解析を見ていると、「wwwあり」と「wwwなし」にアクセスが来ていることがあります。

私の場合、こういったデータを見ると、「wwwありとwwwなしでロボットには別のサイトと認識されているのでは?」などと疑ってしまいます・・・。

そこで、301リダイレクトを使った「wwwあり」から「wwwなし」に自動的に飛ばすhtaccessファイルの設定方法を解説します。

301リダイレクト htaccessファイルの設定方法

日本に限らず、世界のレンタルサーバーのほとんどは、Webサーバソフトウェアに「Apache」を使っています。

Apacheのサーバーでは、「htaccessファイル」にコードを記述して、「wwwあり」から「wwwなし」に301リダイレクトをします。

サーバー上では「.htaccess」というファイルです。

この「htaccessファイル」に次のように記述します。(example.comの場合)

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.example\.com$
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

このケースでは、「example.com」というドメイン名の場合なので、3行目の「example\.com」と4行目の「example.com」は自分のドメインに変更します。

これで、「wwwあり」から「wwwなし」にリダイレクトされます。

「htaccessファイル」はサーバー上では「.htaccess」というファイル名ですが、ローカル(パソコン上)では「.htaccess」というファイル名では利用できません。

そこで、ローカル(パソコン上)では「htaccess.txt」というファイル名にリネームして、FTPソフトでアップロードしてから「.htaccess」というファイル名に変更すればOKです。

301リダイレクトの参考サイトも載せておきます。